30〜40代の子育て世代にとって老後資金は、「気になるし不安だけれど、まだ早いかな」と行動にはなかなか移せない悩みです。今からできる老後資金のつくり方について、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんに聞いてきました。

老後資金Q&A「わが家は貯金がまったくありません」

老後資金のつくり方について、気になる疑問に畠中さんが答えてくれました。参考にしてぜひ実行を!

Q:わが家は貯金がまったくありません。
まずはなにから取りかかればよいのでしょうか?(東京都・42歳)

A:まず、いざというとき用に「100万円」貯めて!
その後は、優先順位が高い資金から準備をするように


まずは、いざというときのための100万円を貯めましょう。成功の秘訣は、3000円でも5000円でもいいので、給料が出たら先取りで貯めること。最初は少額ずつ、徐々に金額を増やしていくと無理なく自然に貯められます。

同時に、保険に入っていない場合、病気やケガに備えて生命保険で死亡保障と医療保障の確保を。アクシデントで老後まで響く借金を抱えないための予防策になります。

2つが整ったら、今必要な資金から優先的に準備しましょう。もし子どもがいる場合、焦って老後資金を貯めても、教育資金が不足してローンを組んでは元も子もありません。目の前の必要な資金をひとつずつクリアしていけば、子育てが終わったあと、定年までに一気に老後資金を貯められます。


監修/畠中雅子さん●教えてくれた人
【畠中雅子さん】
ファイナンシャルプランナー。高齢期のお金を考える会を主宰。著書に『覚えておきたい! お金と節約の基本88』(扶桑社刊)など。

<イラスト/macco 取材協力/浜田裕也(社会保険労務士) 取材・文/ESSE編集部>