【プレイレポ】Cygames×プラチナゲームズ×fuzzがはなつ『LOST ORDER』、壮大なファンタジー世界で戦略バトルが楽しめる

写真拡大 (全13枚)

Cygames×プラチナゲームズ×fuzzがおくる最新作、重厚なファンタジー世界を舞台にしたリアルタイムタクティクス『LOST ORDER』。美しいグラフィックで描かれた壮大な世界観と、ロールを駆使した戦略性の高いリアルタイムバトルに注目が集まる本作のクローズドβテストが先日行われました。今回は、プレイを通して感じた『LOST ORDER』の魅力を紹介します。

まずは、バトルについて紹介します。本作のキャラクターにはロールという役割があります。青い盾は壁役のタンク、赤い剣は近接攻撃が得意なアタッカー、黄色い矢は遠距離攻撃タイプのレンジ、紫の手は補助魔法を使うサポーター、緑の羽根は回復役のヒーラーです。バトルは、キャラクターの役割を考えて陣形を配置してスタート。キャラクターをタップすると、移動した場所や攻撃したい敵を選択できます。

装備した武器によって射程範囲が異なり、自分の攻撃射程内に入ると敵に攻撃が可能、あらかじめアタックスキルをセットしておくことで自動的に攻撃が行われます。

筆者は近接攻撃で突撃するのが好きなタイプなのですが、それぞれのロールの役割を把握し、バランス良くキャラクターを集めて育てていかなければ、ゲーム後半では刃が立たなくなりそうな雰囲気を感じられました。どんなロールのメンバーをそろえ、どの敵から攻撃をするのかといった戦略性があり、敵が強くなるほどタンクに攻撃を受けさせたり、ヒーラーの回復が重要となる緊張感のあるバトルが楽しめそうです。

キャラクタースキルには、自動で発動するアクションスキルと好きなタイミングで任意に発動するスペシャルスキルがあります。アクションスキルはキャラクターのレベルがアップすると取得でき、最大3つまでセットができます。TPが満タンになると発動できるスペシャルスキルはバトル中に大きな効果を得られるので、バトルの状況を変える重要な一手になります。

また、バトルで得た経験値で上昇するキャラクターレベルとは異なり、プレイヤー自身のレベルであるカンパニーレベルというものがあります。これは、ストーリーを進めたり、クロニクルの報酬で経験値を受け取ると上昇。カンパニーレベルを上げると、キャラクターの所持クラス(ジョブ)のレベルの上限が上がり、よりキャラクターの強化ができます。キャラクターの装備品は、装備するために必要なクラスレベルが存在するので、いい装備をするためにもカンパニーレベル・クラスレベルは上げていきたいですね。なお、新しい装備品はレシピと素材を使って製作したり、ショップで購入したり、クエストのドロップで獲得できます。

カンパニーレベルが上がると、タクティクススキルも獲得できます。これは、アクションスキルのターゲットを決めるもので、プレイヤーの所持している全キャラクターが共有しています。アクションスキルとうまく組み合わせて使用し、攻撃系のアタックスキルに「現在狙っている敵」、回復系のアタックスキルに「HP50%未満の味方」などを設定しておくと、効率よく敵を倒せたり、味方の戦闘不能を防いだりができます。自分のバトルスタイルに合わせて試行錯誤したいですね。

『LOST ORDER』は、世界がとても美しいことにも注目です。キャラクターグラフィックもさることながら、背景グラフィックは非常に繊細に描かれており、重厚なファンタジー世界を舞台に繰り広げられる陰謀がどのように展開するのか、今後のシナリオが期待できる内容でした。音楽も王道ファンタジーの雰囲気を醸し出しており、日常シーンのあたたかな雰囲気からバトル時の勇ましい音楽まで聴き応えがある楽曲がそろっています。

物語はキャラクターの吹き出しセリフで進行。声優陣の熱演をフルボイスで楽しめるので、世界に没入できる感覚がありました。メインとなる4名以外にも、老若男女さまざまな魅力を持ったキャラクターが登場。歯車を組み合わせたようなインターフェイスも、独自に発達した世界の雰囲気を感じられました。

今回のクローズドβテストに参加したユーザーからの意見をうけ、ブラッシュアップしてからのリリースとなる『LOST ORDER』。重厚なファンタジー世界で描かれる運命の物語と、ロールやスキルを駆使した戦略性の高いバトルを存分に楽しめる日が待ち遠しいですね。

■関連リンク
『LOST ORDER』公式サイト