Okada Takuro(ex.森は生きている)デビューアルバム『ノスタルジア』10月リリース

写真拡大

 2枚のアルバムを発表して2015年に突如解散をした、森は生きている。そのリーダー岡田拓郎がソロ名義Okada Takuroとして、デビューアルバム『ノスタルジア』を、2017年10月4日にリリースする。

 アルバムのマスタリングは、先日発表された新曲「硝子瓶のアイロニー」と同様、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビが手掛け、プロデュースやミックスはOkada Takuro本人が行った。

 各楽曲には、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きている)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno他)、優河、石若駿などOkada Takuroと繋がりのある様々なアーティストが参加している。その中から、ボーカルに三船雅也(ROTH BART BARON)が参加した新曲「アモルフェ (Feat. 三船雅也)」の音源が公開された(https://youtu.be/IYqOu0EIr2o)。


◎リリース情報
アルバム『ノスタルジア』
2017/10/04 RELEASE
<CD>HSE-6502 / 2,407円(tax out.)
1.アルコポン
2.ナンバー
3.アモルフェ (Feat. 三船雅也)
4.ノスタルジア
5.硝子瓶のアイロニー
6.イクタス
7.手のひらの景色
8.ブレイド
9.グリーン・リヴァー・ブルーズ
10.遠い街角 (Feat. 優河)
レーベル:Hostess Entertainment
Produced By 岡田拓郎
Mastered By Greg Calbi
Recording Engineer 葛西敏彦, 吉田ヨウヘイ, 岡田拓郎
Mixing Engineer 岡田拓郎
Recorded At Tonofon Studio, guzuri recording house , OKD Sound Studio