9番はヤルモレンコの手に…ドルトMFモル、約17億円でセルタ移籍へ

写真拡大

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのトルコ代表MFエムレ・モルが、セルタ移籍へ迫っているようだ。スペイン紙『マルカ』が28日に報じている。

 モルは今夏の移籍市場でインテル加入の可能性を取り沙汰されてきた。今月8日付のドイツ紙『キッカー』はレンタル移籍での加入で合意したとも報じていたが、正式発表はなされていなかった。

 そして今回の報道によると、モルはインテルではなくセルタ移籍に迫っているという。同選手は28日にスペインへ到着。29日にメディカルチェックを受け、正式契約へ至る見通しとなっている。移籍金は1300万ユーロ(約16億9000万円)と見られている。

 モルは“トルコのメッシ”との異名を持つ期待の若手で、現在20歳。昨年夏にデンマークのノアシェランからドルトムントに加入し、昨シーズンはブンデスリーガで12試合出場1ゴールを記録した。

 ドルトムントは28日、ウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコの獲得を発表。モルが着用していた背番号「9」を背負うことも併せて発表されていた。