最近なにもかもうまくいかない、なんだか調子が悪いな〜というときには開運法がおすすめです。
運が悪い時って、体や心の内部に悪いものが溜まってがんじがらめになっているような気がしませんか?

その「悪いもの」を出してキレイにしちゃおう! というものです。今回は簡単ですぐに実践できるものを5つご紹介します。

湯船にゆっくり浸かって水のパワーを取り入れる





出典:Shutterstock.com

開運のカギのひとつとなるのが水。トイレや洗面台など水に関連する場所は、開運に大きく関係してきます。

風水では水回りを清潔にするといいという話もあります。

手っ取り早く開運したいなら入浴。バスタブにぬるめのお湯を溜めて、ゆっくりと浸かってみてください。水の力を体にチャージすることで心もからだもよい方向へと流れていきます。いつもシャワーで済ませている人もぜひ試してみてください。

深〜く息を吸ってゆっくり吐く、どこでもできる深呼吸で開運!





出典:Shutterstock.com

リラックスした状態は、前向きな気分になりやすく運も引き寄せやすいといわれています。そんなリラックスした状態を簡単に作りだせるのが深呼吸。

7秒かけて吐いて、7秒かけて吸って、そして7秒息を止める、を繰り返しましょう。仕事中にもおすすめです。

今の希望や将来の希望をノートに書きだしてみる





出典:Shutterstock.com

「どうせ私なんて…」と、いつもマイナスに捉えてしまうクセができてしまうと、開運しにくくなります。プラスの発想に転換させるには未来に目を向けること。

今したいことや将来の希望をノートに書きだしてみてください。希望を書いたら、それを叶えるまでのビジョンを描いてみて。やる気がアップしていきます。

希望はハードルを上げすぎず、すぐにできそうなものから。そして、おいしい紅茶を飲む、毎朝ストレッチをする、○○のバッグを買うなど、できるだけ具体的に書いていくのがポイントです。

常に口角を上げて、笑顔の人になる





出典:Shutterstock.com

口角が下がっていると脳が不機嫌な気分と察知して、さらに落ち込んでしまうんだとか…。また、不機嫌そうに見えたり陰気な雰囲気を発したりしていると、周囲から敬遠される場合も少なくありません。

鏡を見て、自分の表情を確かめてみてください。そして、口角が下がっているなら、キュッと引き上げて笑顔をキープ。その表情を忘れずに、いつでも笑顔でいることを心がけてみましょう。

部屋や身の回りをきれいに、清潔にする





出典:Shutterstock.com

実は、自分の周辺をきれいに清潔に保つということは開運のために重要なこと。クリーンな場所にいると、自身も浄化されて気持ちもクリアに前向きになって、よい運気を取り込みやすくなるのです。

特に、窓や鏡などは美しく保っておきましょう。朝の習慣にするのもおすすめです。

日常のちょっとしたことを意識するだけで、体も心も浄化されていくのを感じられていくはずです。いい気を取り込むには、そのスペースを作らなければいけません。悪いモノが溜まっている…と感じたら、ぜひ実践してみてください。