男子ゴルフ米国ツアーフェデックス・カップ、プレーオフ初戦、ザ・ノーザントラスト2日目。16番でバーディーパットを決めてガッツポーズをするジョーダン・スピース(2017年8月25日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフの最新ランキングが28日に発表され、先月の第146回全英オープン(The 146th Open Championship)でメジャー通算3勝目を挙げたジョーダン・スピース(Jordan Spieth、米国)が2位に浮上した。

 27日に行われたフェデックス・カップ(FedEx Cup 2017)プレーオフ初戦、ザ・ノーザントラスト(The Northern Trust 2017)の最終日では、ダスティン・ジョンソン(Dustin Johnson、米国)に敗れはしたものの、スピースは松山英樹(Hideki Matsuyama)を押しのけて2位に返り咲いた。

 一方、ジョンソンは4月の第81回マスターズ・トーナメント(The Masters Tournament 2017)前日に階段から転落して負傷して以降、初めての優勝を飾ったことで世界1位の座を強固なものにした。

 昨年プロに転向したばかりの若手スター選手ジョン・ラーム(Jon Rahm、スペイン)は、米ニューヨーク(New York)で開催されたプレーオフ第1戦で3位タイに入るなどの目覚ましい活躍が続いており、自身初のトップ5入りを果たした。
【翻訳編集】AFPBB News