松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

ポイントレースで首位陥落、世界ランキングでも3位に後退

 米男子ゴルフのプレーオフ第2戦デルテクノロジーズ・チャンピオンシップ(TPCボストン)は、9月1日に開幕する。先週のノーザントラストでまさかの予選落ちを喫した松山英樹(レクサス)は、PGAが発表したパワーランクで13位に格付けされている。

 フェデックスカップ獲得ポイントと賞金ランキングの2部門で1位、プレーオフ第1戦のV本命に推されていた松山にとっては、“低評価”と言えるかもしれない。

 松山はプレーオフ第1戦で初日102位と出遅れ、2日目も4バーディー、3ボギーで通算3オーバー。最終18番で約1メートルの距離を外す痛恨の3パットが響いてカットラインに1打及ばず、71位タイで今季2度目の予選落ちを喫した。

 大会はダスティン・ジョンソン(米国)がジョーダン・スピース(米国)とのプレーオフを制して優勝。2000ポイントを獲得し、ポイントレースでもトップに浮上した。松山は同レースで4位にランクダウン、28日に発表された世界ランキングでも2位から3位へと後退している。

予選落ちに終わった第1戦が評価に影響、「やすらぎを見出すことに失敗」

 ポイントランク上位100人で争われるプレーオフ第2戦のデルテクノロジーズ・チャンピオンシップは、9月1日にスタートする。大会に先駆け、PGAはパワーランキングを発表。V本命には第1戦優勝のジョンソン、2位には世界ランク10位のリッキー・ファウラー(米国)が名を連ね、スピースは6位、松山は13位に格付けされている。

 PGAは世界ランク、獲得ポイント、賞金ランクで1位に立つジョンソンを「ウイニングウェイに舞い戻り、堂々と(優勝を)勝ち取った」とノーザントラスト優勝を高く評価。2位のファウラーに関しては、昨年のプレーオフ第2戦は46位タイに終わったことを紹介しつつも、今シーズンは安定して上位に入っていることを理由に次点とした説明がなされている。

 松山に添えられたコメントでは、「グレンオークスのグリーンでやすらぎを見出すことに失敗。カットにもミスが出た」とプレーオフ第1戦の不調ぶりに言及。「もし今回の失敗がなければ、並外れた1年となるはずだった」とし、有力と見られた年間王者の称号獲得も行方が混沌としてきたことを匂わせている。

 松山は予選ラウンドでファウラー、世界ランク5位のジョン・ラーム(スペイン)と同組。果たして、“下馬評”を覆し、勢いを取り戻すことができるか。すべては、デルテクノロジーズ・チャンピオンシップでの出来に懸かっていると言っても過言ではない。