米テキサス州の「壊滅的」洪水、被害はさらに拡大の見通し

写真拡大

米南部テキサス州を中心に大雨による「壊滅的な」大規模洪水が28日も続いており、被害は今後拡大する見通し。

ハリケーンから熱帯低気圧に変わった「ハービー」が25日に上陸して以来、テキサス州ヒューストンでの降雨量は750ミリに達しており、道路などが完全に冠水した状態になっている。

しかし、今後も大雨が予想されており、全体の降雨量は現在の2倍近くになる可能性がある。

ドナルド・トランプ米大統領はテキサス州に加えて隣りのルイジアナ州にも非常事態宣言を出すことを許可した。

トランプ大統領は記者団に対し、「(ハービーは)最大だと聞いている。記録的な量の水で、いままでこんなことはなかった」と語った。

トランプ大統領はさらに、救助隊やテキサス州の人々の「心意気」に敬意を表し、29日のテキサス州訪問を前に議会と復旧予算について協議していると述べた。同大統領は「とてもお金がかかる状況になるだろう」と話した。

25日に上陸した際のハービーは5段階中2番目に強い「カテゴリー4」のハリケーンで、当局者が「前例がない」と言うほどの洪水が発生した。ハービーはその後、熱帯低気圧に弱まった。

人口約660万人を抱える全米第4の都市ヒューストンとその近郊で最大2000人が救助された。屋根に上がって救助を待つ人々をヘリコプターが引き上げる姿が随所で見られた。

テキサス州当局によると、被災地で少なくとも9人の死者が出ているもよう。

地元テレビ局KHOUは、洪水に呑み込まれたワゴン車に乗っていた4人の子供とその祖父母2人が溺れ死んだと報じた。親族がKHOUに語ったもので、事実関係の確認はできていない。

テキサス州のグレッグ・アボット知事は、いわゆる「民兵」の州兵約1万2000人全員を招集し、捜索・救助活動への支援を求めた。

被災地では、1週間の雨量が通常の年間降雨量に達すると予想されている。

当局はテキサス州で約50万人が支援を必要とし、3万人が緊急避難所での生活を余儀なくされるとみている。

米国立ハリケーン・センター(NHC)は28日、「壊滅的で、人命に危険を及ぼす洪水は、テキサス州南東部全体で続く」と述べ、「今後も約380〜635ミリの降雨が予想される」と指摘した。

一方、軍の技術者たちはヒューストン中心部を流れる主要な川の水量を調節する2つのダムの放水を開始した。アディックス、バーカー両ダムの放水によって、近隣地域に水があふれないようにする処置だが、下流のバッファローバイユー川では洪水被害が拡大する可能性がある。

ロイター通信によると、国立気象局(NWS)は洪水被害が30日と31日に最大になるとみている。ただハービーの進路が予想と異なる場合もあり得る。

何千もの住宅で停電しており、多くの学校が閉校している。またヒューストンの主な2空港も滑走路が完全に水没し、閉鎖されている。

被災地のテキサス州のメキシコ湾沿岸は米国の石油・ガス産業の一大拠点で、洪水被害が広がるなか米国で最大級の石油精製所が操業を停止している。

ルイジアナ州の南西部と中央部でもテキサス州と同様、約380〜635ミリの降雨が予想されている。2005年には、ハリケーン「カトリーナ」の襲来によって同州で甚大な被害が生じた。

専門家らは、カトリーナ襲来の際、ニューオーリンズ市内の競技場に避難した大勢が不衛生な混雑状況での避難生活を送らざるを得なかった経験をもとに、今回の対応を注視している。

ヒューストンの南西にあるフォート・ベンド郡では、川の水位が今週限界に達すると予想されており、住民数万人に避難勧告が出されている。

ヒューストンから約385キロ北にあるダラスの市当局者は、会議場に「メガ・シェルター(巨大な避難所)」を設置し、約5000人が避難できるようにすると語った。

しかし、ヒューストン市当局は大規模な避難勧告を発令していない。シルベスター・ターナー市長は27日に、住民230万人の避難を計画するのは「正気ではない」論理だと述べ、市の決定を擁護した。

一方、ヒューストン市警のアート・アセベド本部長は、略奪行為から街を守ることに注力していると語った。28日には略奪容疑で4人が逮捕されている。

(英語記事 Storm Harvey: 'Catastrophic' flooding expected to worsen