古くから酒蔵のまちとして、酒づくりが盛んだった京都・伏見。町の中に酒造メーカーが点在し、多くの蔵元が軒を連ねるお酒のまち伏見には個性あふれる店がたくさんあります。

京都市内の南に位置する「伏見桃山」は、お酒のまち「伏見」の玄関口。百人一首に詠まれたり、幕末を扱った文献にも登場したり、時代ごとに日本史の重要な舞台となったエリアの一つでもあります。

駅から少し歩くだけで歴史の遺産に出会える。そしてまち歩きに疲れたらお茶やお酒、和菓子などのご当地グルメを楽しむのもいいでしょう。

今回ご紹介するのは、旅の途中で休憩するには最適の和カフェ「茶寮油長」。伏見桃山駅を降りた先の「伏見大手筋商店街」内にある、宇治茶と茶道具の専門店です。

「茶寮油長」は、玉露、煎茶、抹茶などを始め、各種宇治茶や茶道具の販売を行っており、店舗の奥には喫茶スペースがあり、木を基調としたゆったりとしたテーブル席で種類豊富な抹茶スイーツを楽しむことができます。

店内は天井が高く、天窓からは明るい日差しが差し込む明るい喫茶スペースになっています。

メニューは、季節の和菓子や煎茶、玉露、抹茶などお茶スイーツの種類が豊富。パフェや抹茶シフォンケーキ、ぜんざいなどが人気です。

・宇治抹茶とお酒のシロップでいただく宇治吟醸酒氷

「茶寮油長」でぜひ食べていただきたいのは、宇治吟醸酒氷。酒処ならではのお酒のかき氷をいただくことができます。

こちらでは、氷とともに宇治抹茶と伏見吟醸酒のシロップがトックリで提供され、真っ白の氷にかけていただきます。

繊細で滑らかな口当たりの氷と、ほんのり甘く濃厚な宇治吟醸酒が口の中でふわっと溶け、お酒の風味が鼻を突き抜ける。宇治茶と吟醸酒のバランスが良く、キレがいい後口のよさから、宇治茶の風味も存分に味わうことができます。

お茶を使った甘味メニューはお茶屋だからこそ出せます。伏見桃山で絶品のかき氷をぜひ味わってみてください。

・京阪電車「宇治・伏見1dayチケット(特別版)」で巡る「お茶の宇治・お酒の伏見満喫の旅」

現在、東海旅客鉄道と京阪ホールディングスのコラボレーション企画として、宇治・伏見エリアを楽しんでいただけるよう、「京阪電車『宇治・伏見1day チケット(特別版)』、「京都タワー展望室入場券」、「福寿園宇治茶工房 お抹茶一服券」、「3箇所から選んで使えるセレクト券」の特典が付いた旅行商品を、大手旅行会社から発売しています。

「3箇所から選んで使えるセレクト券」では、茶寮油長の「宇治吟醸酒氷」または龍馬セット(抹茶とロールケーキ)特典も受けることができますので、ぜひこの機会に旅行商品と合わせて利用してみてください。

風情ある酒蔵が並ぶ伏見の賑やかな商店街から一歩店内に入ると、ほっこりできる茶寮油長。宇治吟醸酒氷は10月10日まで提供しています。この秋は京都でお酒の歴史に触れながら絶品スイーツを食べに行ってみませんか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 油長茶舗 茶寮油長
住所 京都府京都市伏見区東大手町779
営業時間 9:00〜19:00(火曜のみ9:00〜18:00)
定休日 無休
HP http://souda-kyoto.jp/tokusyu/summer/2017/con_02.html