画像提供:マイナビニュース

写真拡大

「グランツリー武蔵小杉」は9月13日〜10月9日、大自然の水槽世界「グリーンアクアリウム展」を開催する。アクアリウム業界を牽引するアクアリスト6名とタッグを組み、8つの異なる風景からインスパイアされた<日本八景の滝>、2m×2mの大きな平型水槽の中に水と緑の楽園をイメージした<緑彩の池>など、普段の生活で何気なく目にしている草木・水・生き物を、美しいアートとして表現するという。

アクアリウムとは、熱帯魚や淡水魚、水草、サンゴ、岩などを用いて、水槽の中に美しい世界を作り出すこと。また、アクアリウムを作り出す人のことを「AQUARIST(アクアリスト)」と呼び、欧米を中心に世界中で多くのアクアリストたちが活動している。

同イベントは、アクアリウム業界を牽引しているアクアリスト6名と「グランツリー武蔵小杉」がタッグを組み、都市型生活者に”水と緑溢れる世界の美しさを再体感してもらいたい”という想いから企画したとのこと。

「日本八景の滝」は、日本各地からインスパイアされた8つの美しい風景を、それぞれ直径1mの円形水槽の中に表現し、一連を滝のように構成した、まさに日本を感じる作品となっている。「忍野八海の湧水」「白神山地の渓流」「柿田川の藻の群生」「名城のお堀」「朝霧高原の草原」「京都枯山水の庭園」「西表島の森」「多摩川の水辺」の8つのアクアリウム作品とともに、日本の風景美が楽しめるという。

「緑彩の池」は、2m×2m の大きな平型水槽の中に水と緑の楽園をイメージし、様々な色や種類の水草や流木、約1,000匹の魚や生物で作り上げる作品。色鮮やかな水草の数々・その中で泳ぎ回る魚たち・底から湧き出る湧水・さらに光の演出によって変化する水の色など、壮大で幻想的なアクアリウムとなっているとのこと。

同展示の場所は「グランツリー武蔵小杉」1Fのアクアドロップで、営業時間は10時〜21時(最終入場20時半)となる。観覧料は、一般(中学生以上)は500円、小学生は300円、幼児(小学生未満)無料となる。チケットは、8月21日よりセブンチケットにて販売中で、同サービスでチケットを購入すると、グランツリー武蔵小杉専門店街で使用できるクーポン券が付いてくる。また、9月13日より「グランツリー武蔵小杉」内のチケットカウンターで販売を開始する。