【ソウル聯合ニュース】韓国軍と米国軍の制服組トップ、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)合同参謀本部議長とダンフォード統合参謀本部議長が29日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射直後に緊急に電話会談し、両国共同での対応策を話し合った。韓国軍合同参謀本部は、両氏の電話会談について「北の挑発に対し、軍事的な対応を含め同盟の強力な対応意志を顕示できる措置をできる限り速やかに実施することにした」と伝えた。

 鄭氏は「わが政府と軍は現在の状況を重く認識している。北の弾道ミサイル発射は朝鮮半島と国際社会に対する深刻な脅威だ」との見解を示した。ダンフォード氏は「米政府も北朝鮮の弾道ミサイル発射を深刻な挑発と認識している。韓米日間の緊密な連携と対応が必要だ」と述べたという。

 合同参謀本部は、鄭氏の就任後、両トップが電話で連携を確認するのは初めてだとしながら、「北の挑発に備え韓米同盟としての対応の意志を再確認する契機となった」と述べた。