代表復帰ビジャの漢気!! 自身4大会連続のW杯出場に期待がかかるも「大事な2試合を戦うためだけにここにいる」

写真拡大

▽3年ぶりとなるスペイン代表復帰を果たしたFWダビド・ビジャが、2日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループGのイタリア代表戦、5日のリヒテンシュタイン代表戦に向けた意気込みを口にした。スペイン『アス』が報じている。

▽2014年に行われたブラジルW杯以降、スペイン代表から遠ざかっていたビジャだが、25日に発表されたスペイン代表メンバーに名を連ねた。28日にスペインへと帰国して代表チームに合流したビジャはインタビューに応じている。

「最初に招集の電話を受け取った時は驚いて変なリアクションになってしまったよ。今はみんなからの愛情に感謝している」

▽再び背番号7を背負うことになったビジャは、自身の4大会連続となるW杯出場も見えてきた。しかし自身のW杯出場には触れず、あくまでもスペイン代表のW杯出場のために、予選のこの2試合だけ力になろうと考えているようだ。

「スペインにとって非常に大事な2試合だ。監督が望んでいることもわかっているし、僕がやらなければいけないことも理解しているよ。今はチームの一員だと思っている。ここにいることに誇りを持っているよ」

「僕は今、この2試合のためだけにスペイン代表に戻ってきた。本当に大事な試合で、6ポイントを奪わなければいけない。それができればこのチームはW杯への道が開かれるね」