15歳がスポルティング・カンザスシティとプロ契約【写真:Getty Images】

写真拡大

 メジャーリーグサッカー(MLS)のスポルティング・カンザスシティが、2002年生まれの15歳FWジャンルカ・ブーシオとプロ契約を結んだと発表した。契約期間は2020年12月末までだが、2年間の延長オプションも付いている。

 また、15歳89日でプロ契約を結んだのはMLS史上2番目の若さとなるようだ。当時14歳だったブーシオは昨季カンザスシティの下部組織(U-14)でプレー。その後活躍が認められ、U-16に飛び級昇格していた。

 アメリカの各世代別代表としてもプレーしており、CONCACAFU-15選手権で5試合に出場し5得点を記録。将来有望な選手として期待されている。

text by 編集部