毎月たった300円!と思っていたけど、年間を通すと…

写真拡大

こんにちは。さるわたりです。

さるわたりさんの前回のチャレンジ:ゆるトップスにスキニーはNGだった・・・!骨格診断であか抜けスタイルに挑戦

今日は、生活の中で出会う「おトク」について考えてみます。

私は、自分ではそれなりに安くて「おトク」なものを選べているはず!と思っていたのですが、8月25日発売のレタスクラブを読んでいて、実は勘違いしていて全然できてなかったことが発覚しました。

その原因は、「勘違い脳」!

これはおトク、これなら損をしないはずと思い込んで、脳が間違った判断をしてしまうことがあるのだそう。

今回は、私が衝撃を受けた「勘違い脳」をいくつかご紹介します。

「毎月たった300円のアプリなら安いもの」

これは、支払う金額を細かくいいかえて安いと錯覚させているのだとか。これは携帯料金などでやってしまっています〜

「5人に1人がやせたダイエットって効きそう」

なぜかこの言葉を聞くとその5人の中に自分が入れるような気がしてました。安易すぎました・・・

「家を買う予定。ついでに予算よりちょっと高い家も見ておこう」

3700万円と3800万円の家を見て、100万しか変わらないのか〜と思ってしまう現象。なんて恐ろしい!

落ち着いて!100万ってすごい高額だからね!ってなりますね。

「勘違い脳」を知っておくだけで全然お金の使い方が変わるなと思いました。これからは、買い物をするときぜひ「勘違い脳」の事を思い出したいと思いました!

作=さるわたり