ナスD、ナマズの卵を躊躇なくパクリ…村人ドン引き「ほんとに食べちゃったよ!」

写真拡大

「豪華客船」「釣り」「ドローン」「部族」「ミステリー」の5つの視点で地球一周の冒険を繰り広げるガチンコ取材のリアル冒険バラエティー番組『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系列、毎週火曜23:15〜※一部地域を除く)。今夜8月29日は、毎回大きな反響を呼んでいるU字工事(福田薫、益子卓郎)と破天荒な友寄隆英ディレクター(通称:ナスD)の「部族アース」最新版が放送されることがわかった。

友寄DがなぜナスDと呼ばれるようになったのかは、過去の放送で、アマゾンで超異文化な暮らしを送るシピポ族を取材。そこで、ウィトという果実が強力な染料になるとも知らず、全身に塗りたくり、数時間後、全身が少し紫がかった黒い色に染まってしまい、その変わり果てたルックスから“ナスD”と命名され、瞬く間にネット上でも“ナスD”のニックネームが広く浸透して話題の人になっていった。しばらく、放送されていなかったが、今夜久々に部族アースの最新版が放送される。

まず、今回U字工事は、ペルー北東部の街イキトスの川沿いにある集落を訪れる。現地のガイドも、「日が落ちたら絶対に立ち入れない地域」だというが、イキトスの庶民がどんな暮らしをしているか、“本当の現状”を見に行くことに。「ちょっとなんか違うな……」「独特の雰囲気があるな……」と集落の入り口から不安が募るU字工事の2人。

彼らが足を踏み入れたイキトスのベレン・アルタ地区は、元々は漁師たちが不要な土地だということで住み始めたが、今では不法占拠が横行する貧民街となっていたのだ。U字工事は、ゴミが大量にたまって異臭を放つ川の上に、高床式で木の家が建ち並んでいる中を船で進んでいく。そのゴミだらけの川で無邪気に遊ぶ子供たちや、女性たちが洗濯をしている荒廃した実情に圧倒される2人。さらに船を降り、中心部に進んでいくと、酒場があり何人かの男性が。呼び込まれるまま店の中に入ってしまうと、現地の強面の男性たちに、ディレクターが絡まれはじめてしまう。U字工事一行は、果たして無事に先に進むことができるのか!?

一方、ナスDはアマゾンの奥地に住みさらに原始に近い暮らしをしているシピボ族の村、ロボヤナティバへ。初めて訪れた外国人ということで、村人たちから大歓迎をうけるが、観光部族でお金をとられた経験から、喜びながらも。一瞬戸惑っていた。村人たちの漁に同行させてもらえることになり、船に乗りながらモリを使っての華麗な漁テクニックをみせる村人に驚きつつも、またしてもナスDはアマゾン川でとれたばかりの魚を口にもっていこうとする。

村人たちが驚き、生で食べようとするのを止めるが、ナスDは「日本では生で魚を食べます」と魚をまるごと生のまま頬張ってしまうのだ。その光景に、村人たちは苦笑い……。生魚の食リポをしながら、ナスDのテンションはMAX。ナスDの定評ある食リポ、今回はどんなものなのか?

さらに、新たに猟に行こうとアナコンダやワニがウヨウヨと出てくるという道を村人と共に歩いていく。道中、同行してきた子供たちから「食べてみてよ! 食べられるかわかんないけど……」と差し出されたナマズの卵をナスDは躊躇なく一口。その様子を見ていた村人たちから「ほんとに食べちゃったよ……」とまたもやドン引きされることに。ナスDが見た、アマゾン奥地の村の実情とはどんなものなのか? 村人は一体どんな人たちなのか?