クリスマスなどの季節イベントや、誕生日などのお祝い事の際に、自宅や友人宅で開く「ホームパーティー」。最近では、おしゃれで華やかなホームパーティーの様子をSNSなどにアップして楽しむ人も増えています。

 そんなホームパーティーの企画力やおもてなしスキルを問う「ホームパーティー検定」なるユニークな検定が今、注目を集めているのをご存じでしょうか。一体どのような試験なのか、主催する一般社団法人日本ホームパーティー協会代表で、ホームパーティーとピクニックに詳しい高橋ひでつうさんに聞きました。

受検者は30〜40代で男女比1:9

 同協会が2017年5月、男女650人を対象にアンケート調査を行ったところ、約4割の人が「月1回以上ホームパーティーに参加する」と回答。年々注目が高まるホームパーティーですが、同検定は日本で初めて「ホームパーティーのスペシャリスト」を認定するものとして2016年4月に生まれました。

「ホームパーティーには料理の手配やテーブルセッティング、会場のインテリアなどさまざまな準備が欠かせません。この検定はホームパーティーに必要な知識と技術を正しく身に着けることで、ゲストに喜ばれるパーティーを開くことができる能力を認定することを目的としています」(ひでつうさん)

 もちろん、資格がなくてもホームパーティーは開催できますが、資格の取得を目指しながらスキルアップできるため、より高いクオリティーのパーティーを企画したい人にとっては恰好の勉強の機会です。受検者の主な年代は30代や40代で男女比は1:9。現在までに約1300人が合格しました。

1級合格者の教室を協会が「認定」

 ホームパーティー検定には3つの級があり、それぞれ審査内容や費用が異なります。2級と1級は、合格するまで追加費用がかからない合格保証制度が特徴です。

【3級】

 自身が開催したホームパーティーの写真を3枚以上提出すると審査されます。受験にはインスタグラムのアカウントが必須。全国どこからでも受検可能です。合格者には認定証が贈られます。

【2級】

「ホームパーティーの基礎知識を理解し円滑にパーティーを開催できる」レベルに達することを基準とし、3時間の講習と実技試験、筆記試験で審査されます。1日限りの受講で資格取得できます。

 講習内容は「ホームパーティーの進め方・心構え(ホームパーティーをスムーズに進めていくためのコツ)」「装飾(テーブルコーディネート、デコレーション)」「写真の撮り方(料理や会場内の様子をきれいに撮る方法)」「ホームパーティーとお酒」など。

 実技試験は「ポットラック形式」(食べ物を持ち寄る気軽なパーティー)の審査です。受講者は当日「ホームパーティーで楽しめるフィンガーフード」を持参し、講師が試食・審査を行います。

 合否は1カ月以内に決定され、合格者には認定証と、ホームパーティー検定取得者限定コミュニティーへの参加や同協会が開催するホームパーティーイベントに優先招待される権利が得られます。受検には3級取得が必須条件。

【1級】

「ホームパーティーのあらゆる知識に精通し、楽しみ方を自分以外の方に教授し、広めることができる」レベルまで達することを基準とし、3日間にわたり3科目の講習と実技、筆記試験で審査されます。講義内容は「ホームパーティーの進め方・心構え」「装飾、写真の撮り方」「料理、お酒」の3科目を1日ずつ受講。2級同様にポットラック形式の実技、筆記試験によって審査を行います。

 合格者は、同協会が監修するホームパーティーのワンストップサービス「らくらくホムパ」にプランナー登録が可能となり、条件が合えば、同協会が手がけるサービスにプランナーとして参加可能。また、合格者が開講する料理教室に同協会の「認定」が得られます。合格者には認定証。受検には2級取得が必須条件。

関連業界への就職や料理教室に役立つ

 ホームパーティー検定は、自宅でホームパーティーを開く際のおもてなしはもちろん、料理教室の主宰、飲料・食品メーカーやホテル・レストラン業界への就職に役立つほか、料理研究家やスクールの講師にとってもスキルをアピールできる資格として注目が高まっているそうです。

 特にスクール形式の2級以上は料理関連の仕事を目指す人にとって、合格を目指しながらマナーやスキルを学べるメリットも。さらに、1級はホームパーティーに必要な要素をより深く学ぶことでパーティーを企画する実践的スキルが身につき、会社や地域のイベントに活用できるといいます。

「ホームパーティーで必要とされるのは『衣』『食』『住』の3つの要素。これは『日本のお母さん』のスキルが生きる舞台ではないでしょうか。また最近では、家族を喜ばせたい一心でホームパーティーを学ぶパパもいます。家族や友人をおもてなしするスキルを磨きたい人や、現在のスキルを仕事につなげたいという人はぜひ受検してください」

■「ホームパーティー検定」の詳細
http://howpa.hpaj.org/15787/

■「らくらくホムパ」公式ホームページ
http://rakurakuhompa.com/

■「日本ホームパーティー協会」公式ホームページ
http://hpaj.org/

(オトナンサー編集部)

【画像】審査後の受講者による懇親会

審査後は受講者で懇親会を行う

元記事:仕事につながる! いま話題「ホームパーティー検定」の魅力とは