ヴェルディ黄金期のGK藤川孝幸 指導者からビジネスマンへ、50代での華麗な転身

写真拡大

現役引退後は指導者の道へ Jクラブから監督のオファーも届く

 かつて黄金期のヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)のGKだった藤川孝幸氏は、現役引退後に指導者の道に進んだが、2015年1月に総合スポーツサービス企業のリーフラス株式会社に入社した。

 同社で常務取締役を務めるだけでなく、今年5月にはリーフラスが運営権を取得した北海道地域リーグの十勝FC(十勝スカイアースに改称予定)の代表に就任している。今ではビジネスの世界で成功を収めているが、日本サッカー協会S級ライセンスも保持する藤川氏にとって、指導者からの転身は想定外のことだった。

 監督としてのさらなる成功を目指していたところでJクラブからもオファーが届いたが、快く首を縦に振ることはできなかったという。

「提示されたのは、それまで自分がもらっていたものよりも安い給料でした。これが現実か、という感じ。J3チームからのオファーでしたが、監督でこの年俸かというような提示を受けて、これは無理だなと思った。監督はやりたいけど、家庭もある。これではいくらなんでも理想は追えないということでお断りして、リーフラスに来ました」

 1977年に読売クラブユースに入り1995年にスパイクを脱いでからの藤川氏は、V川崎でのGKコーチから始まり、ヴィッセル神戸、ベガルタ仙台、セレッソ大阪、アビスパ福岡とJクラブのコーチやGKコーチを歴任。その間に甲南大学、静岡FCで監督も務め、リーフラスへ入社する前には国際武道大学で指揮を執った。JFA公認S級ライセンスを取得する際の海外研修時には、当時バルセロナを率いていたあのルイス・ファン・ハール氏からも認められた。指導者としておよそ20年のキャリアを積んだが、そこから全く別のステージに進むことになった。

「絶対に成功させられる自信はあった」

 まさに苦渋の決断だった。

「15歳、中三の終わりから読売クラブのユースに入り、ユースからトップに上がって、23年間ヴェルディ一筋でした。(JFA公認)S級ライセンスを取ったわけですから、そう簡単に踏ん切りはつかなかったです。監督については『ここからもう一回夢追います』という気持ちはありました。J3だろうがなんだろうが、結果を出せば来年はJ2からオファーがあるかもしれないと意気込んでいましたけど、そうなれば大切な家族を犠牲にすることになる」

 その言葉には、プロスポーツの厳しさが色濃くにじんでいた。指導者キャリアに後ろ髪を引かれる思いもあったというが、「どうするか考えていた時に、当時53歳くらいでしたが、自分のことだけではなく家族のために。それが最後の決断です。今まで好き勝手やってきましたから、もうしょうがない、と。逆にこの事業を自分がやれば、絶対に成功させられるという自信はあったんです」。理想と現実の間で苦しんだが、最後は前向きに捉え、「指導者はもうやらない」とまで言い切った。

 今では実業家として、目の回るような忙しい日々を過ごしている。1日で日本を縦断するようなハードな移動をこなすことも珍しくないという。50代で会社員としての再スタートを切り、それまでいたプロスポーツの世界とはまるで違う景色の中を生きている。

 サッカースクールを展開し、オーストリアのSVホルンの実質オーナーとしてクラブ運営も手がける本田圭佑(パチューカ)の存在もあって、サッカー選手のセカンドキャリアのあり方については、近年より一層の注目が集まっている。とはいえ、一握りのトップ選手を除けば、選手の平均引退年齢が25、6歳と言われる多くの“元Jリーガー”の第二の人生は決して恵まれているとは言えない。

セカンドキャリアで求められる切り拓く力

 一般企業からすれば、彼らは「実績なし」と見られてしまうからだ。「(選手は)セカンドキャリアに対して閉鎖的なんですよ。『俺にはできないんじゃないか。営業をやらされるんじゃないか』というふうに普通の選手は思ってしまう」と語っていた藤川氏は、今までに培ってきた人脈と新しい環境に真摯に向き合ったからこそ成功につながった。

「サッカーだけをずっとやってきた人間が、会社に入って柔軟に対応するのってやっぱり難しいと思いますよ。でも自分は入社してから、最低1年は誰よりも早く来て、掃除から何から全部やると決めていました。結局、2年半続けました。朝6時前後には必ず会社にいて掃除をしていました。ゼロからスタートしたわけですから、誰よりもまず自分が最初に行く。当たり前です」

 選手としても指導者としても実績を残しても、将来のことは何も分からない。一寸先は闇という状況で、サッカー選手には自らセカンドキャリアを切り拓いていく力も求められる時代になっているようだ。

【了】

石川 遼●文・写真 text & photo by Ryo Ishikawa