北朝鮮のミサイル発射を受け、韓国政府が非難声明を発表した(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が29日、弾道ミサイルを発射したことを受け、韓国は政府声明を発表し、「国連安全保障理事会が北の相次ぐ戦略的挑発に対し、新たな制裁決議を採択し、国際社会が重大なメッセージを発信したにもかかわらず、再び挑発を行ったことを強く糾弾する」と非難した。

 また、「北の政権は非核化だけが自らの安全保障や経済発展を保障する真の道であることをしっかりと認識し、無謀な挑発に代わり、早急に非核化に向けた対話の道に出なければならない」と促した。

 その上で、「核・ミサイル挑発を続けるなら、強固な韓米同盟に基づき、強力に対応していく」と警告。「政府は北のいかなる脅威にも対応できる万全の備えを整えており、揺るぎなく国民の生命と韓国の安全保障を守っていく」と強調した。