ジャレッド・レト、MTVアワーズでチェスター・ベニントンを追悼

写真拡大

日曜日(8月27日)米カリフォルニアで開かれた<2017 MTV Video Music Awards>で、サーティー・セカンズ・トゥ・マーズのフロントマン、ジャレッド・レトが、先月亡くなったリンキン・パークのチェスター・ベニントンを追悼するスピーチを行なった。

◆ジャレッド・レト スピーチ動画

「チェスターは僕の友達だった。彼の人生を見ていて、いくつか重要なことを学んだ。とくに、絶え間ない努力、夢を追い続けること、そうしながら思いやりがあり優しくいることを。チェスターのことを考えるとき、思い浮かべる彼の顔はいつも笑顔だ。そして、彼の心情を想う。彼はそれを率直に曲にしていた。それに、彼がどれだけ親切に僕や僕の弟、バンドを扱ってくれたか」

「彼の奥さんや6人の素晴らしい子供たちのことを想う。彼の家族のことを想う。彼のバンドのことを想う。彼らは本当に彼のブラザーだった。彼の声を思い出す。激しいと同時に繊細だったあの声は永遠に生き続ける」

また、失意の中にある人々へ向け、こんなメッセージを送った。「もし、今夜これを見ている人達の中で、希望がないと感じている人がいたら、僕のこの言葉に耳を傾けてくれ。君は一人じゃない。いつだって前に道はある。手を伸ばし、君の想いを共有してくれ。あきらめないでくれ。約束する。失意の日々の向こうに人生最大の飛躍がある」

この追悼に対し、リンキン・パークのフェニックス(B)は「@JaredLeto、@CheterBeについて美しい言葉をありがとう…チェスターのことを話す君の心は本当に輝いてる」と、つぶやいた。

Ako Suzuki