郷に入りては郷に従えという言葉があるとおり、他国やよその土地を訪れた場合は現地の習慣やルールに従うことが望ましい。日本と中国は習慣やルール、マナーに大きな違いがあるものの、海外を訪れる中国人旅行客のなかには中国と海外の違いを把握できておらず、マナー違反の行動を取ってしまう人も少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 郷に入りては郷に従えという言葉があるとおり、他国やよその土地を訪れた場合は現地の習慣やルールに従うことが望ましい。日本と中国は習慣やルール、マナーに大きな違いがあるものの、海外を訪れる中国人旅行客のなかには中国と海外の違いを把握できておらず、マナー違反の行動を取ってしまう人も少なくない。

 日本でも中国人旅行客はマナーに問題があるといった悪評を見聞きするが、こうした悪評の存在はメンツを気にする中国人にとっては我慢できないことのようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本を訪れる中国人はぜひマナーに注意して行動してほしい」と論じる記事を掲載した。

 記事は、「日本人は礼儀正しさと日本社会の秩序は世界で高く評価されており、中国人旅行客が日本で楽しく過ごすことができるのは、日本に礼節と秩序を大事にする文化があるから」だとする一方、日本を訪れる以上は「日本における禁忌と日本の習慣やマナーを理解することが重要だ」と指摘した。

 近年は個人観光ビザで訪日する中国人も増加しており、こうした中国人は日本で公共交通機関を利用することも多い。記事は、日本と中国の公共交通機関は気をつけるべきマナーが大きく異なることを指摘し、「地下鉄でもバスでも、携帯電話で通話したり、同行者と大声で話をすることはマナー違反」だと紹介、ほかの日本人乗客に迷惑をかけないよう注意しなければならないと指摘した。

 さらに、観光客という立場上、記念撮影をすることがあるだろうが、「日本では街行く人を撮影してはならない」と指摘。日本人はプライバシーを重視するため、勝手気ままに日本人を撮影しているとプライバシー権の侵害でトラブルになる可能性があると指摘した。

 また記事は、日本には美味しい食べ物が多いことを紹介する一方、「食べながら歩くことは、日本ではマナー違反とみなされる」ことを伝えたほか、温泉に入る際は湯船にタオルを入れないこと、靴を脱いで屋内に上がる場合は靴を外向きに揃えて脱ぐことなどを紹介し、「くれぐれも日本人を不快にさせないよう、注意してほしい」と訴えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)