今回は、男子の定番の言い草である「隙のない女子は口説きづらい」という「隙のない女子」について、一緒に考えてみたいと思います。


隙があるかないか、というのは、当然「印象」評価です。男子は、女子を見たとき、どういう印象のことを「隙がない」と感じるのでしょうか?

隙のない女子1.週に何回もSNSをアップするリア充女子


定番ネタとしてよく挙げられるのが、いわゆるリア充です。それなりにセレブっぽい雰囲気を醸し出しつつ、決して暇そうな女に見えない。これが男子がいうところの「隙のない女子=リア充女子」の定義です。

しかし、セレブっぽくても、暇そうな女子なら「隙あり」と感じる男子います。たとえばSNSに週に2回も3回も、高級な食事の写真をアップしている女子。これは忙しそうです。反対に、年に1回しかそういう写真をアップせず、ほかの写真もさほどない女子は暇そうです。

男子がいう「隙がない」というのは、「彼女の生活の中におれが入っていけそうな時間があるかないか」ということです。
予定を空っぽにして、いつも「暇だ暇だ」と、ウソでもいいから言っておくと「隙のない女子」と思われづらいのかもしれません。

隙のない女子2.静かにほほ笑んでいるだけの女子


歳が近い男女が集まると、ふつうは女子のほうが精神年齢が高いとされているので、女子のほうが男子よりも大人に見えます。あなたが「わたしはまだ子どもっぽいから」と思っていても、そういう思いは男子には通じないんですね。

見た目で、「大人っぽく静かにほほ笑んでいる女子は、きっと内面も大人なんだろう、おれのことをすべて見透かしているのだろうな」なんてことを思います。

見た目が大人に見えるのだから、多少子どもっぽいところを彼に見せてあげないと、「隙がない」と思われてしまうということです。

隙のない女子3.絶対彼氏がいるだろうなと思う女子



これは男の偏見でもあるのですが、男は、じぶんが好きになった女子に対して、「この子、絶対に彼氏がいるだろうな」と思うこともあります。美人かどうか、ではないんですね。じぶんが好きになった女子に対して、美人かどうでないかに関係なく、男子はこう感じます。

なので、隙のある女子を演じようと思えば、「わたし、彼氏いないんです」と、ちゃんと言葉で伝えることです。

彼氏が「いない」とわかればこそ、男子はよくしゃべる
彼氏がいないとわかったときの男子の気持ちと、彼氏がいるかもしれないと思っているときの男子の気持ちって、100%ちがいます。「いない」とわかれば、多弁になる男子って、わりといます。

彼氏がいるかもしれないと思っていると……どうしても「言ってはいけないこと」が即座にわかりますから、そこをうまく避けて会話をするようになります。よって彼はあなたの中に(あなたの心の隙間に)うまく入っていけない、ゆえに「隙のない女子」認定されちゃうのです。

隙のない女子4.悩んでなさそうな女子



先に書いたように、男子はじぶんが好きになった女子のことを「大人」だと感じます。そして「おれみたいに、将来のことを過度に悩んでいないんだろうな」とか「おれよりいい生活をしているんだろうな」と、いわば勝手に感じます。

だから、「隙のない女子」と思われたくなければ、彼にちゃんとじぶんの悩みを打ち明ける必要が出てきます。

この方法のコツは?
おそらく、男子は、女子が潜在的にもっている「平和なかんじ(安定感)」を、「裕福な生活をしてそう」とか「人生に迷ってなさそう」と、心のなかで「意訳」しているのだろうと思います。

「なんだ、おれとおなじじゃん、彼女も人生に迷っているんだ」こうわかった男子は、あなたのことを「隙のない女子」とは思わないでしょう。

いかがでしょうか。
男子がいう「隙」って、精神的にじぶんが入っていけそうに感じる隙間のことです。だから、どんなに隙なく着飾っている女子であっても、人生に悩み、生活費に困っており、毎日退屈で暇だということが男子に伝われば、男はわんさか寄ってきます。

女子の見た目ではなく、精神的な隙間を、男子は感じとっているのです。
(ひとみしょう/studio woofoo)