日本初の「クラウドファンディング」運営

写真拡大

日本最大のクラウドファンディングサイトを運営するREADYFOR。これまで6700以上のプロジェクトで、29万人から資金調達を行っている。同社を率いるのは、スタンフォード大への留学で起業に目覚めた女性経営者だ。

■お金以外の見返りに投資してもらう

【田原】READYFORはクラウドファンディングをされている。クラウドファンディングって何ですか?

【米良】何かやりたいことがあるけど、必要なお金がない人たちがお金を集める仕組みのことです。何かやりたい人はプロジェクトをつくってインターネットで公開。それに賛同した人が1000円とか5000円とか1万円とかの少額で支援します。READYFORでは、これまで約6700件のプロジェクトが成立しました。

【田原】お金はどうやって集めるんですか?

【米良】まずはREADYFORのサイトに申請してもらいます。申請があると、キュレーターという担当者をつけて、お金を集めるページを一緒につくります。お金を集めるので、そのお金がどう使われるのかの説明責任がある。それを審査して、確約が取れたものを掲載していきます。

【田原】逆にお金を出したいという人はどう集めるんですか?

【米良】プロジェクトはツイッターとかフェイスブックなどのSNSを通してインターネットで拡散されることが多いです。ネット上でプロジェクトを見て支援したいと思ったら、振り込みやクレジットカード決済で支援を募る仕組みです。

【田原】サイトの情報だけではよくわからない、もっと説明してほしいとなったらどうするんですか。

【米良】基本的にはネット上の情報で判断いただくことが多いですが、直接質問をメッセージもできます。プロジェクトに関わる人の名前は公開されていますから、その名前をインターネットで検索して、どういうことをやってきた人なのかを調べてもいい。いまは良くも悪くも個人の情報がオープンになっている社会。実際にそうやって調べてから支援を決める方も多いです。

【田原】お金を出したら、配当がついて戻ってきたりするんですか。

【米良】クラウドファンディングには、お金のリターンがある投資型、お金ではない対価が返ってくる購入型、まったく見返りのない寄付型の3つがあります。私たちがやっているのは購入型。だから配当はつきませんが、お金以外の見返りがあります。

【田原】お金以外の見返り?

【米良】体験や手元にモノが届くようなリターンがベースです。たとえば地域でゲストハウスを開業したいというプロジェクトなら、5000円出した人には割引券、1万円の人は1泊無料券、10万円の人はゲストハウスを3日間貸し切る権利といった具合です。株主優待に近いものや、支援者だからできる特別な体験、自分がこのプロジェクトを支えたと感じられる体験を対価として設定することが多いですね。

【田原】READYFORはどうやって収益をあげているのですか。

【米良】プロジェクトが成立すると、集めた資金の12%を手数料としていただきます。

【田原】プロジェクトではお金が集まるものとそうでないものがありますよね。違いは何ですか?

【米良】自分の出したお金がどのように使われるのかイメージしやすいものがお金は集まりやすいです。たとえば岩手県久慈市で「もぐらんぴあ」という水族館が震災で崩れ、5年後にリニューアルオープンさせるというプロジェクトがありました。これはお金の使いみちが見えやすいからすぐ集まった。一方、社会を良くするために団体をつくりますというと、趣旨には賛同しても、何に使われるのか見えてこないので、集まりにくいですね。

【田原】具体性がないのはダメですか。

【米良】税金も同じですよね。給料の中から何十%も税金を納めているのに、「国や社会を良くするために」というだけじゃ説明が足りない。だからみんな頭では必要なことを理解していても「税金嫌だな」になってしまう。このお金でこの施設が新しくなりますとか、障害者の生活がこう変わりますといったストーリーをもっと見せてくれると変わると思う。いまはインターネットでさまざまなものが可視化されて、良くも悪くも監視社会になりました。見えなかったときのほうが世の中はスムーズに動いたのかもしれませんが、もう可視化の流れは止まりません。今後ますます、お金がどのように使われて、どのように社会に還元されていくかが注目される時代になると思います。

■お金が集まる「PR」のやり方

【田原】起業に至るまでの話も教えてください。米良さんは小学校から成城学園。しかし大学は慶應大学にいかれた。どうしてですか。

【米良】中学のときの家庭教師の先生の影響が大きいです。その先生は慶應の経済学部で藤田康範先生のゼミに入っていて、大学やゼミの話をすごく楽しそうにしていました。ミクロ経済とマーケティングの話でしたが、私も興味を持って、そんな勉強ができるところに入りたいなと。

【田原】慶應に合格した後は実際に藤田ゼミに入ったのですか?

【米良】はい。そこでまた出会いがありまして。藤田ゼミは東京大学の松尾豊先生と共同研究をやっていたんです。

【田原】松尾先生って人工知能の? 僕も取材で何回かお会いしています。

【米良】そうです! 2008年ごろだったと記憶していますが、松尾先生からAIの話を初めて聞いて、これはすごいなと。それまでAIというと映画に出てくる子どものロボットの印象しかなかった。でも、AIによって人間の働き方や生き方が変わるという話を聞いて、このままどこか企業に勤めて働いても、30年後になくなる仕事をやっていたら生きていけないなと思いました。

【田原】当時から松尾さんはAIをやってらしたんですね。

【米良】そのころ実際にやっていたのは「SPYSEE」という人物検索サイトでした。たとえば誰かの名前を入れると、その人の人間関係が自動的に表示されるサイトです。

【田原】人間関係がわかる?

【米良】たとえば「米良はるか」と名前を入れると、検索エンジンがネット上の記事や論文を吸い上げて調べます。その結果、違う記事で「田原総一朗」という名前が一緒に何度も出てきたら、田原さんと私は距離感が近いことがわかる。そういう仮説に基づいて人間関係を可視化するサイトでした。

【田原】人間関係がわかると、何ができるんですか。

【米良】たとえば私が安倍首相に会いたいなと思っても、どういうルートでアプローチすればいいかわからないですよね。でも、SPYSEEを使えば、「あ、田原さんに紹介してもらえばいい」とわかる。私は“人間乗り換え案内”と呼んでいました。

【田原】それはおもしろい。

【米良】いまはフェイスブックで人と人のつながりが見えますが、当時はそれを可視化できるサービスがなかった。SPYSEEを手伝いながら、これから個人のネットワークが資産になる時代がくると痛切に感じました。自分は個人としてどんな力を身につけて、どうやって社会に還元していくのかを考え始めたのも、この時期からです。

【田原】米良さんは大学4年のときに「Cheering SPYSEE」を立ち上げた。これはどういうプロジェクトですか。

【米良】SPYSEEには90万人のデータが掲載されていました。その多くはウィキペディアに名前が載るほどの実績はない方々。そういう人たちが何かやろうとしたときに応援できる仕組みをつくりたいと思って、お金を集められるサイトをつくりました。クラウドファンディングというより投げ銭に近いですね。

【田原】投げ銭って?

【米良】READYFORも少額の支援が中心ですが、Cheering SPYSEEはもっと少額で、100円とか500円で応援します。しかも見返りはなし。お金を出して終わりです。

【田原】何も対価がなくて、よくお金を出してくれますね。

【米良】いやぁ、出してもらえなかったですね。Cheering SPYSEEは合計500万円ぐらいかな。やはり自分が支援した後のストーリーが見えるとか何かしらの対価がないと、事業として大きくならなかった。

【田原】10年にスタンフォード大学へ留学された。どうでした?

【米良】じつは留学前に松尾先生が研究室の東大生を連れて渡米するというので、ついていったことがありました。そのとき初めて起業家という人たちに会って、感動しました。慶應の学部生のころ学校で就職説明会がありましたが、当時はみんな就職することしか頭になかった。ところがスタンフォードだと、優秀な人たちはみんな起業家になっていました。自分もそうなりたいなと、素直に思ったんです。

【田原】留学から帰ってきてREADYFORを立ち上げられた。

【米良】最初はオーマという会社の一事業として立ち上げました。オーマは起業家精神を持った学生を応援するために松尾先生がつくった東大発のベンチャー企業です。そこからスピンアウトして会社にしました。

【田原】すぐ軌道に乗ったんですか。

【米良】11年の3月にスタートして、最初の1年で約1000万円しか集まりませんでした。正直、続けていくかどうか揺れていましたね。でも、翌年ダボス会議から招待がきて救われました。私が参加したのは、Global Shapersという33歳以下の若者枠。そこには世界各国から実際に社会を変えつつある人たちが集まっていて、私も頑張らなければと勇気をもらいました。また、クラウドファンディングをテーマにしたセッションがあったのもラッキーでした。グーグル会長(当時)のエリック・シュミットやナップスターを立ち上げたショーン・パーカーが「これから社会を支える仕組みとしてクラウドファンディングが必要」と言っていて、いまやめる理由はないなと。

【田原】いまREADYFORの規模はどのくらいですか。

【米良】メンバーは約70人。プロジェクトは年2000件くらいです。

【田原】READYFORはどうしてうまくいったんだろう。

■夢を気軽に語れる「場所」をつくりたい

【米良】起業した当時、すでに世界にはアメリカを中心にクラウドファンディングの仕組みが200あって、一つのプロジェクトで2000万円以上集めている例もありました。一方、先ほど言ったようにREADYFORは苦戦していた。何が違うのかを考えて行き着いたのが、アメリカ人のお金を集める力。具体的にはプレゼンテーション能力です。アメリカの中学校には、自分の夢をスピーチして、それをYouTubeにアップして再生回数を競う授業があります。そういう授業がある国と、自分の夢を語るのは恥ずかしいことと思う日本では、やはりアピールする力が違うなと。

【田原】日本人も夢がないわけじゃないですよね。

【米良】おっしゃる通りです。でも、私自身も、最初は起業したことをまわりに言えなかった。個人が個人を支援する社会をつくるという夢を語ると、変人扱いされるんじゃないかと不安だったからです。かつての私と同じように、クラウドファンディングのプロジェクトオーナーも恥ずかしくてうまくプレゼンできないかもしれない。なので、READYFORでは「気軽に夢を語っていいよね」という雰囲気をつくることを重視しました。ユーザーさんから「READYFORは個人的な夢や親しみやすい案件もたくさんある」と言われることが多いのですが、それは狙い通り。すごい人ばかりじゃなくて、隣のおじさんが好きなことをやろうとしているプロジェクトも大事にしているから、熱い気持ちを語ってくれるのです。

【田原】現時点での課題は何ですか。

【米良】高齢者の方々に広げていきたいです。インターネットをあまり使わないので。

【田原】高齢者でお金集めて何かやりたいという人もいるんですか。

【米良】いますよ。これまでの最高齢は92歳です。あと、印象に残っているのは大分の過疎地でコミュニティレストランを開いた72歳の方。地域を盛り上げるために店をやりたいけど、定年しているから金融機関はお金を貸してくれない。そこでREADYFORを利用して150万円を集めて開店にこぎつけました。

【田原】そうか。定年後だと収入がないから融資してもらえないのか。

【米良】逆に若くて実績がなかったり、新規性が高くて計算できないものも金融機関はお金を出しづらい。でも、金融機関もそういうプロジェクトを育てて将来の融資先にしたいという思いを持っています。じつはいま私たちは36の地方の金融機関と提携して、一緒にかかわる案件も出始めている。それを今後は増やしたい。

【田原】たとえばどんな案件が?

【米良】28歳の女性が、閉店した秋田の料亭をリノベーションして、「あきた舞妓」の文化を復活させて低料金で舞妓を楽しめる施設をつくろうとしていました。この案件は地元の北都銀行さんが見つけてきたもの。北都銀行さんが1800万円融資するけど、それでも足りない1400万円をクラウドファンディングで集めました。このプロジェクトのように、いまの金融でフォローしきれないものに入っていって、新しいお金の流れをつくっていきたいです。

■米良さんから田原さんへの質問

Q.田原さんのモチベーションの源泉は?

小5の夏休みに玉音放送がありました。1学期まで先生は「この戦争は米英に植民地化されたアジアの国々を解放する正しい戦争だ」と教えてきました。しかし、2学期になったら同じ先生が「あの戦争は悪い戦争」と言う。ラジオや新聞も同じで、態度が180度変わった。その様子を見て、国は国民を騙すことがあるし、マスコミも信用できないと思いました。

マスコミが本当のことを伝えなかったのは、言論の自由がなかったから。だから僕は体を張って言論の自由を守りたい。かつて評論家の山本七平さんは「日本は空気の国。空気を乱すと弾かれる」と言いました。僕は生きている限り、空気を乱し続けていこうと思っています。

田原総一朗の遺言:体を張って言論の自由を守ること

(ジャーナリスト 田原 総一朗、READYFOR代表 米良 はるか 構成=村上 敬 撮影=枦木 功)