サポーターから非難を受けるベンゲル

写真拡大

リバプール戦で4-0の屈辱的な敗北を被ったアーセナル。監督アーセン・ベンゲルは現在批判の嵐にさらされている。次回の試合でのサポーターの反応を危惧し、監督はファンらに辛抱を呼び掛けている。
「あれは本当に悲惨な試合だった。しかし、このような最悪な試合だったとしても、チームに寄り添いパニックに陥らないでほしい」と監督はサポーターに懇願した。

「我々がサポーターたちのためにできる唯一の事は、より良いプレーをすることだ。選手らが代表戦終了後に、気分を一新してチームに戻ってくれることを願う」
前シーズンにもサポーターたちは監督ベンゲルの辞任を求めていたが、結果監督はアーセナルとの契約を更新した。クラブの上層部はサポーターたちによる拒絶の表面化を恐れている。