FES☆TIVEが「@JAM EXPO 2017」の飲食エリアで行われた「コラボアイスクリーム」企画に参加。こっとん(鈴木ことね)が、アイスクリームのトッピングをしてくれた

写真拡大

FES☆TIVEが8月26日、「@JAM EXPO 2017」(神奈川・横浜アリーナ)の飲食エリアで行われた「コラボアイスクリーム」企画に登場した。

【写真を見る】こっとん、トッピング中!

「コラボアイスクリーム」は、横浜アリーナ駐車場の「@JAM EXPO 2017コラボキッチンカー」で、アイドルたちがアイスクリームにトッピングを行うというもの。FES☆TIVEの他、アキシブprojectやTask have Fun、転校少女歌撃団らも参加した。

今回、「@JAM EXPO 2017」1日目となる8月26日のステージを全て終えたFES☆TIVE・鈴木ことねを直撃。“アイスクリーム屋さん”になった感想などを語ってもらった。

――今回はアイスクリーム屋さんになりましたが、元々食べ物屋さんなどになりたいっていう夢はありましたか?

鈴木:小さい頃、バカだったから同時進行でお医者とお花屋さんとケーキ屋さんとパン屋さんになりたくて(笑)。同時に全部の職業に就くのが無理だっていうのを、小学6年生くらいで知りました。人は1度に1つの職業にしか付けないっていうのを知って、「どうしようかな?」って。

――成長する過程で気付いたんですね。それからは、食べ物屋さんになろうっていう事は考えなくなりましたか?

鈴木:いや、やっぱりパン屋さんとかケーキ屋さんとか引かれますね。「美味しそうだなー!」って。

――アイスクリーム屋さんも、ジャンル的には似た感じですね。

鈴木:多分、アイスクリーム屋さんになったら、つまみ食いをめっちゃしちゃいますね(笑)。あと、アイスクリームをその場で作ってくれる店があって、「めちゃくちゃやってみたい!」って思ったことがあります。

――今回はそこまでできませんでしたが、それっぽい事はできましたね。

鈴木:はい。だから、来てくれたファンのみんなに、「これ“ことねストーン”だよ」って言ってました! アイドルやってると、食べ物屋さんとか、前にやらせてもらったレジ打ちとか、あと店長とか、普通だったら一気に体験できないんだろうなっていうような数の仕事ができたりするので、毎回「ありがたいな!」って思ってます。

――“こっとんのアイスクリーム屋さん”、ファンの反応はどうでしたか?

鈴木:1時間あったんですけど、人の列がすぐ切れちゃうと思ってたんですよ。でも、「終わりですよ!」って私たちから言わなきゃいけないくらい、たくさんの方が並んでくれました。コミュニケーションを取りながらアイスを作れて、みんなにも「美味しかったよ」とか、「ライブで熱くなったから、アイスで涼んで、またライブに行ってくる!」って元気になってもらえたみたいで、すごい好評でした。

――ご自身にとってはどうでしたか? FES☆TIVEは、その後にもう1ステージありましたが。

鈴木:それを挟んだことで、いつもよりライブが盛り上がったなって、勝手にそんな気がしてました。

――気持ちを入れ替えられたんですかね。今回、小さい頃の夢に近い仕事を体験できましたが、次にやってみたい事はありますか?

鈴木:メイドカフェとコラボしてるアイドルさんがいらっしゃるので、私もそういう事をやってみたいですね。メイドさんになってみたいです!

――メイドさんの、どの辺に引かれますか?

鈴木:若い時にしかできない!(笑)今のうちにできる事をしたいので、メイド服とかがキツくなる前にやりたいです。いつもは見られない姿を見せられると思うし、FES☆TIVEにはカフェとかで働いてる子がいないので、やってみたいなって思いますね。

――メイドさんになって、何をしたいですか?

鈴木:ケチャップでお絵描きしたいです。絵は得意じゃないけど、やってみたいなって。あと、カラオケリクエストとかもやってみたいですね。昔は歌がめちゃくちゃ苦手だったんですけど、最近は自分が歌ってる声も前よりは嫌いじゃなくなって、「みんなに聴いてほしい!」っていう思いの方が大きくなってきたので。

――では、「目指せメイドさん!」ということで。

鈴木:メイドさん! 頑張ります!! 本業のアイドルも頑張ります!