デゲネク、「日本は一体になっていない」「雰囲気は怖くない」と評価

写真拡大

『The National』は28日、「オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクは、日本にも自分たちを応援してくれている人々がいると話した」と報じた。

31日に迎えるワールドカップ・アジア3次予選、日本代表はホームにオーストラリアを迎えての大一番となる。

日本は勝利をすれば突破が決定、オーストラリアは最終節がタイ戦だけに勝点1を勝ち取れば可能性が高くなる状況。

この予選で最も重要な2時間になると予測される試合に向けて、Jリーグの横浜F・マリノスでプレーするデゲネクは以下のように話したという。

ミロシュ・デゲネク

「僕のクラブでは、聞いたところによれば…これは馬鹿げた話なんだけど、我々に勝ってほしいという部分もあるようだよ。

彼らには複雑な理由があるようなんだ。僕はそれに言及しないけどね。ただ、彼らは日本のシステムやコーチングスタッフに対して全面的に支持をしていない。

日本はそれから大きなプレッシャーを受けているし、自分自身でも圧力をかけている。

彼らはこの試合を多くの側面から『やるか、やられるか』のものだと見ているよ。そのプレッシャーは、ホームで勝つという点にある。

サウジアラビア戦にまで持ち越したくない、そしてここで決めてしまわなければならないとね。

彼らはプレッシャーに最高の形で対処していない。だから、何が起こるか楽しみだね。

僕のクラブのサポーターの多くは、我々が勝つことを望んでいる。日本人の多くの選手も、我々が勝つことを望んでいる」
ミロシュ・デゲネク

「試合が終わるたびに、日本のメディアは『フィジカルに同対処するか、オーストラリアは長いボールがどうか、ヘディングに勝つか、セットプレーがどうだという。僕はそれに同意しないよ。

思うに、それが彼らが持っているオーストラリアのサッカーについてのイメージだ。数年前からそれは違っている。ジョッシュ・ケネディがプレーしていたころとはね。

我々には180cmを超える選手が多く、彼らは我々が大柄な選手を使ってくると考えている。

それは違っているよ。ただ、彼らの見解だからね。僕はメディアに対して大きな影響は持っていない。

思うに、我々がプレーしているサッカーはまったく違っているよ。彼らはオーストラリアが大型選手を使って、フィジカルを使って、ヘディングで仕掛けると思っている。それに恐れているんだね」

(スタジアムについては?)

「スタジアムはチケットが売り切れているからいい雰囲気になるだろうが、それが脅威になるとは思っていない。これまでプレーしてきたところのほうが、敵対的だったからね。

サウジアラビアには僕は行かなかったが、もっと敵対的だったよ。日本では選手を脅かすほどのファンはいないと思う」