メルセデス AMG GTロードスター/GT C ロードスターの2モデルが登場しました。2017年8月25日に発売開始し、価格は前者が18,340,000円、後者が22,980,000円。両モデルは、車名からも分かるように、クーペモデルの「メルセデスAMG GT」がベース。

完全自動開閉のアコースティックソフトトップを備えたオープンスポーツカーで、ソフトトップは11秒で開閉し、時速50km/hでの操作も可能です。

最大の見どころであるアコースティックソフトトップは、開放時にはソフトトップがシート後方に折りたたまれる省スペース設計を採用。また、 3 層構造のソフトトップは、マグネシウムとスチール、アルミニウム構造により軽量化されていて、低重心化ももたらされています。

エクステリアは、クーペモデル同様に1952 年に開催された伝説的なレースであるカレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝を飾った「300 SL」を彷彿とさせる「AMG パナメリカーナグリル」などにより空力性能を強化。

また安全面も価格にふさわしい充実ぶりで、レーダーセンサーにより先行車 を認識して、設定速度の範囲内で車間距離を適切に維持して追従するとともに、先行車が停止した際は、減速して停止する渋滞追従機能を備えた「ディスタンスパイロット・ディストロニック」が標準装備されています。

 

エンジンは、AMG製の4.0L V8直噴ツインターボで、軽量化やドライサンプ潤滑システムによる低重心化、また2つのターボをV8エンジンのVバンク内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトがもたらすコンパクト化、吸排気経路の最適化などが図られています。トランスミッションは、デュアルクラッチ式を採用し、素早いシフトチェンジとシームレスな加速を実現。

 

さらに、燃費と快適性を優先する「C(Comfort)」、よりスポーティな 「S(Sport)」と「S+(Sport Plus)」の 3 つのシフトモード、様々なパラメーターを個別に設定できる「I(Individual)」も設定されています。「GT C ロードスター」には、サーキット走行用の「RACE」モードも搭載。

そのほか、クーペモデル同様に、3ステージESP、AMGリミテッド・スリップ・デフ、AMGパラメーターステアリングや強化ブレーキなどが盛り込まれています。

オープントップモデルならではの開放感とGT ロードスターは476ps/630Nm、GT C ロードスターは557ps/680Nmもの出力、トルクを誇り、GT Cロードスターは0-100km/h加速 3.7秒を達成しています。

(塚田勝弘)

4.0L V8直噴ツインターボを搭載するメルセデス AMG GTロードスター/GT C ロードスターが登場(http://clicccar.com/2017/08/29/504289/)