La PomPonのHINA、KIRI、YUKINO、RIMA、MISAKI、KAREN(写真左から)

写真拡大

六本木発6人組本格派ダンス&ボーカルユニット・La PomPonが、事務所の大先輩でもある倉木麻衣の名曲「Feel fine!」をカバー。ライブなどでも披露し、これまでも倉木の曲をカバーした経験はあるのだが、ついにCDシングルとしてリリースする。

【写真を見る】さすがセクシー担当! ポーズもバッチリ決まってる〜

8月30日(水)に“La PomPon史上最もセクシーな曲”の呼び声高い「Mr.Lonely Boy」との両A面シングルとして発売されるのに先駆け、YUKINO、KIRI、RIMA、KAREN、MISAKI、HINAの6人にインタビュー!

聴きどころや、タイトルにちなんだ質問など、3日連続で掲載する。第1弾では、あの人がまさかの「セクシー担当」に決定!?

――ファン待望の倉木さんの楽曲カバーになりますね。まずは「Feel fine!」の聴きどころから教えてください。

KAREN:私たちはこれまでも小松未歩さんやZARDさん、Mi-Keさんなど、シングルで先輩方のカバーをさせていただくことがありました。

今回の倉木麻衣さんはバックダンサーをやらせていただいていたこともあって、表現として正しいかは分かりませんが、“近い先輩”という感じがあります。個人的に倉木さんへの愛があふれる歌い方をしましたので、声に温かみが出ているんじゃないかなと思います。そこが聴きどころです(笑)。

RIMA:どういうこと?(笑)

KAREN:いや、だから倉木さんへの思いがあふれちゃったのよ。

HINA:ふ〜ん。はい! 私たちは、倉木さんの「Feel fine!」以上に元気の良さを出して、また倉木さんが歌われていたのとは違う「Feel fine!」を出していけたらと思っていたので、レコーディングのときも元気いっぱいのLa PomPonを表現できるようにしました。

La PomPonが歌う新しい「Feel fine!」もかわいくていいなって思ってもらえるように。サビの部分では、皆さんも一緒に歌って踊ってくれるような感じになっていますので、注目してください。

KAREN:確かに6人だからサビには勢いがあるよね。

HINA:そうそう。ライブで一緒に元気で楽しい空間を作れているかなと思います。

KIRI:はい。La PomPonは6人組グループなのですが、Aメロはメンバー全員のソロパートがあります。それぞれのソロパートでは、声の個性にも注目して聴いていただけたらいいなと思います。

YUKINO:曲のアレンジも、倉木さんの原曲とは違う部分がありまして、最初の「I love you baby〜」のRIMAから始まる部分もそうですが、かわいらしさというかキュートさにも注目して聴いていただけたらいいなと思います。

RIMA:今まで何曲かカバーをさせてもらったんですけど、KIRIも言った通り、初めて全員のソロパートがあるので、6人の声の違いなどを聴いていただきたいのと、今回の振り付けは倉木さんのバックダンサーさんに作っていただいたんです。倉木さんのファンの方が見ると、オリジナルの「Feel fine!」と似ているところがあると思うので、そこにも注目して聴いていただきたいです。特に、サビの頭の振り付けは忠実に再現というか、そのままの良さも残っていて、La PomPonらしい振り付けになっているかなと思います。

KAREN:サビの頭は倉木さんと同じ振りですが、6人ならではパワーが感じられると思います。

MISAKI:はい。La PomPonは6人なので、サビの6人そろったハーモニーをぜひ皆さんに聴いていただきたいなと思います。

一同:(沈黙)。

MISAKI:…はい!

KAREN:はい!で切って、「私、終わりましたけど?」感を出さないでよ(笑)。

MISAKI:だってみんな言っちゃったから(笑)。

YUKINO:順番的に最後だからね、仕方ないよ。

MISAKI:あと振り付けの部分では、ピースをするところが私的にすごく好きです。各地で行ってきたリリースイベントにはいろいろな方が来てくださったんですが、毎回いろいろな人に向けて、アイコンタクトをしてピースをしたんです。お客さんも同じところでピースをしてくださるので、意志疎通が取れている感じがあって、楽しいです。

――倉木さんはもちろん偉大な先輩ですが、身近な存在とも言える方なのかなと勝手に想像しているのですが、倉木さんから実際にアドバイスなどはありましたか?

YUKINO:はい。レコーディングのとき、私とRIMAとKIRIが、たまたま倉木さんがレコーディングされた後にスタジオに入って、お会いしたんです。ちょっとお話をさせていただいて、「レコーディングは緊張すると思うけど、周りを気にせずにとにかく元気に楽しくやってね」と言っていただいたので、ノビノビとできました。

KIRI:そうなんですよ。「自分たちらしくリラックスしてやってね」とアドバイスを頂いて。正直カバー曲だけでなく、オリジナル曲でも緊張はするんですけど、倉木さんの曲ということもあってより緊張感がありました。でも、倉木さんからそういうアドバイスを頂いてリラックスできたというか、肩の力を抜いてレコーディングすることができました。

――倉木さんの感想も気になるところですね。では、「Mr.Lonely Boy」についても聴きどころをお願いします。

MISAKI:この曲はLa PomPonの中で一番格好良くてセクシーな楽曲だと思っているので、みんな歌い方もそれぞれのポイントで格好付けたというか、ちょっと気取った感じで歌っています。いつもと違うLa PomPonの一面が見られるんじゃないかなと思いました。

――MISAKIさんはどこを格好付けましたか?

MISAKI:う〜ん…全部ですかね。全体的に…。

KAREN:もっと具体的に言いなよ!(笑)

MISAKI:強いて言えばサビかなあ(笑)。

RIMA:ほんとに?

MISAKI:全部格好付けていますけど、サビの部分は歌詞が特に女性らしくて、強気な女って感じなので…うーん。

KAREN:他の人が話す間に考えておいたら?(笑)

MISAKI:そうします!

――では他の皆さんも、オススメポイントと格好付けた部分も含めてポイントを教えてください。

RIMA:はい。これはすごく格好いいLa PomPonが見られるんじゃないかなという曲で、私は前々からこういう曲が欲しかったので、今回こうやってリリースするに当たって、うれしかったですし、パフォーマンス中もとても楽しいです。そして、格好付けポイントは やっぱり全体的に格好付けていると思うんですけど…。

KAREN:からの〜?

HINA:特にどこが〜?

RIMA:特に〜? う〜ん、ないかなあ(笑)。

KAREN:ってないんかい! MISAKIのせいだよ! MISAKIのせいでこんな流れに(笑)。

MISAKI:え〜っ? でも、見つけたよ〜!

HINA:え? サビ以外にも?

MISAKI:うん、サビともう一個見つけました。最初のポーズですね。

一同:そこ〜!?

KAREN:歌ちゃうんかい!

MISAKI:へへっ。

RIMA:でも、私もそこかも! 「Hey,Mr.Lonely〜〜…おいでよ」って歌詞の部分ですね。

MISAKI:みんなポーズ決めているよね。そこいいよね!

RIMA:うん! いいんだよ〜。

YUKINO:私もそこかも。結構サビのメロディーラインはずっとキーが高くて、ここまで高いキーで歌っているような曲は今までなかったので、そういうところもすごく耳に残るかなと思いますし、あとはパフォーマンスを含め、ライブでぜひ見てもらいたい1曲ですね。

この曲は特に、CDで聴くだけとライブでパフォーマンスを見て聴くのとでは大分違うかなと思います。1人1人の表情とか、踊りとか、溜めと抜きのような部分をすごく強調して踊っている部分があるので、そこを特に見てもらいたいです。あと、私も「〜おいでよ」の部分が格好付けポイントですね。毎回ちょっとずつ変えています!

KIRI:この曲は、ちょっと男性を挑発しているというか、誘惑している歌詞になっているので、大人っぽく歌うことを意識してパフォーマンスをしています。

私の格好付けポイントは、Bメロの「私の言いなりになる それですべて上手くいく」という私のパートですね。今までそういう歌詞がLa PomPonの楽曲ではなかったので、ちょっと恥ずかしい気持ちもあるんですけど、パフォーマンス中は強い女性に成り切るつもりで歌っています。

頑張って格好付けます! ちなみに、このせりふを普段言うことはありませんよ(笑)。

HINA:そりゃそうでしょ! えっと私はそうですね。「Feel fine!」と「Mr.Lonely Boy」の差というかギャップの部分は、今までのどの両A面シングルよりもあるんじゃないかなというくらい、格好良さと元気のいい感じで分かれていて、とにかくこの曲は、格好いいLa PomPonも知ることができるし、楽しめる曲だと思います。

この格好良さをぜひ見てほしいです。格好付けポイントは、「Hey! Mr.Lonely〜」の繰り返しの最後の部分の「Lonely Boy」ですね。

YUKINO:あ〜。あそこ!

KAREN:Aメロに入る前だよね。

HINA:そう、Aメロ入る前の伸ばしているところのタメながらやっているとき、めっちゃ格好付けています。

KIRI:ふふっ。

RIMA:HINAはクネクネしているイメージだけどね。

KAREN:私たちの楽曲って「Feel fine!」もそうだと思うんですけど、みんなで盛り上がろうという曲が多いんです。「Mr.Lonely Boy」は、さっきKIRIも言ったように歌詞の部分がリアルな言葉なので見ている側とすれば、自分に言ってくれているんじゃないかなと錯覚も味わえるのかなと。「楽しむ」のもいいんですけど、歌詞をじっくりと聴いてみると違った印象にもなるんじゃないかなと思います。

格好付けポイントは、私もKIRIと同じで、KIRIのパートで「私の言いなりになる〜」のところです。私は歌っていないんですけど、そこの踊りが好きですし、そのときの顔が一番格好付けていると思うので見てほしいですね。この歌詞の主人公の女性のように見下すような感じの目線で見ています!(笑)

――ちなみに人を見下すのは得意な方ですか?(笑)

KAREN:得意ですねえ。

HINA:怖い怖い怖い怖い!(笑)

RIMA:うわ〜!

KAREN:意味深でしたね(笑)。

MISAKI:意味深とかじゃないよ!(笑)

KAREN:たまには見下したいなと思いますよ。

――さっきMISAKIさんも仰っていましたけど、セクシーな楽曲ということで、メンバーが思う「La PomPonで最もセクシーな人」は誰でしょう?

HINA:はい! ユッキー(YUKINO)です。髪上げがセクシーです。

KAREN:髪上げって…。髪をかき上げるでしょ?

HINA:あ〜! やらかした。でも、めっちゃセクシーだと思います。

YUKINO:そう? まねしていいよ。

HINA:ほんとに?(髪をかき上げる)

一同:(笑)。

MISAKI:顔赤いよ!

HINA:ちょっと恥ずかしくなっちゃった。

KIRI:セクシーか〜。誰だろう?

MISAKI:え〜? KARENかな(笑)。

RIMA:自分で言って笑っちゃった(笑)。

MISAKI:いやあ、KARENはいるだけでセクシーかなって。

KAREN以外:あ〜。

KIRI:存在そのものがセクシーだよね(笑)。

KAREN:ちょっとやめて!(笑)

RIMA:それはあるね(笑)。

KAREN:いや、でも1年以上前からそうなんですよ。「運命のルーレット廻して」を出したくらいから、そんな担当になったつもりはないんですけど「KARENちゃんはセクシー担当だけど…」ってファンの方に言われてきたんです。

セクシー担当を名乗った覚えはないのに言われ始めて、原因は分からないんですけど…。断言しておきますが、私はセクシー担当ではありません!

MISAKI:違うんだ!

KAREN:違うよ! セクシーなパフォーマンスはむしろKIRIだと思います。KIRIの格好付けポイントのとき、ちょっと目を細めながら指をクイってやるんですけど、あれをライブ映像で見た時に「カッコイイ!」って思いましたし、ちょっとセクシーだなって思います。

――普段からやられているんでしょうかね?(笑)

KIRI以外:あ〜(納得)。

KIRI:やってないですよ!(笑)

KAREN:鏡の前とかでね(笑)。

KIRI:やめて! 恥ずかしい!(笑)

YUKINO:みんな「あ〜!」って納得したからね(笑)。

KAREN:セクシーであり、格好いいよね。

KIRI:はい。頑張りまーす(笑)。そんなこと言われたらやりにくくなるけど(笑)。

KAREN:うん、やりにくくしたの(笑)。

――それ以外の皆さんはKARENさんですか?

MISAKI:そうですね。

YUKINO:はい。

RIMA:そうだよねー。

KAREN:総意でKARENみたいにするのやめてくれない?(笑)

HINA:ねー。KARENだよね〜。

KAREN:HINA、最初ユッキーって言ったじゃん。…もう、セクシー担当か。

――じゃあ、セクシー担当・KARENさんでいきましょう!

一同:イエイ!(拍手)

RIMA:MC兼セクシー担当だ(笑)。

MISAKI:よーし!

KAREN:それじゃMCの内容が入ってこないじゃん(笑)。

【La PomPon“気分上々”座談会(2)へ続く】