映画「ワンダーウーマン」の日本の公式アンバサダーを務める乃木坂46より、高山一実(写真左)、松村沙友理(写真右)

写真拡大

全世界で大ヒット中の映画「ワンダーウーマン」が、いよいよ日本でも8月25日に全国公開された。女性だけの島にプリンセスとして生まれたダイアナ(ガル・ガドット)が、最強の美女戦士ワンダーウーマンになるまでを描くアクション・エンタテインメントだ。

【写真を見る】高山&松村のワンダーウーマンな衣装の全身はこちら

日本でも女性からの支持が高く、ワンダーウーマンのラブストーリーや、彼女のまっすぐで強い姿に感動の声が上がっている。

そこで日本の公式アンバサダーを務める乃木坂46の、高山一実&松村沙友理にインタビューを実施。映画の見どころはもちろん、二人の“ワンダーウーマン”な魅力にも迫った!

■ こんなに涙する場面があると思わなくて(高山)

――「ワンダーウーマン」は“強い主人公が敵を倒しまくる”だけの単純なヒーロー映画ではなく、舞台となる第一次世界大戦当時の社会情勢や人間の滑稽さ、そして男女の愛から果ては人類愛まで描いた、壮大なスケールが魅力の作品だと思います。お二方は観る前と観た後で、作品の印象はどのように変わりましたか?

高山:こんなにも恋愛要素とか、涙する場面があるとは思っていなくて。観る前は、戦って次々と敵を倒していく強い女の人の話だと思ってたんですよ。

松村:そうそう、私もアメコミ作品とかあまり見たことがなかったですし、最初はほんと、戦うだけの話なのかなと思って(笑)。でも観たら、戦うだけじゃなくて人それぞれの関係性や心情が描かれていて、共感できる部分もたくさんありましたし、深い作品だなと思いました。

高山:ね、一言では言い表せないぐらいいろいろなストーリーが入ってたよね。特に大人の女の人は引き込まれるだろうなって思いました。アメコミって聞くと子供のほうが好きな映画かなって最初は思ったんですけど、観終わった後は、これは大人の女の人にお薦めしたい、って。

松村:もちろんアクションシーンも迫力があって、めっちゃかっこよかったです!

――お気に入りのシーンを一つ挙げるとすればどこですか?

松村:主人公のダイアナ(ガル・ガドット)さんが、一度絶望して、「私もう戦わない」みたいな感じになるじゃないですか。その時に、ダイアナさんと一緒にいる(パイロットの)スティーブ(クリス・パイン)が彼女を励まして、すごい引き止めるシーン。あれはすごく、人間の男と女っぽいなって思ったんですよね。ダイアナさんの弱いところが唯一見れた気がしたし、スティーブの格好良さも出ていて、好きなシーンです。

高山:私は、ダイアナが自分が育った島を出て、イギリスに着いて洋服を選ぶシーンですね。イギリス社会になじむために、いろいろな洋服を試着するんですよね。それで最後にスーツを選んで、被ってるハットのつばをピュッて動かしてキメるところが、良かったです。

松村:うんうん、かっこよかったよね!

高山:そう、やっぱり何着ても似合うんだよね。しかも洋服姿なのに、島から持ってきた剣とか盾を持って外を歩こうとするところも面白かったですし、あの場面はすごく好きです。

■ 歌ってるときのかずみんは、オーラがあり過ぎる(松村)

――ダイアナが挫折したり人間社会を学んだりと、どんどん成長していく姿も見どころですよね。ちなみにお二人は、お互いに、相手が成長したなと思う部分はどこですか?

高山:まっつん(松村)の成長した部分は、振り付けの覚えが早くなったこと! 振り付けのレッスンでいつもまっつんは先生に「松村居残りね」みたいに優しく言われてたんですけど、最近は、「松村すごい」「松村は振りの覚え早いね」って言われてて。

松村:今までは、「みんなできてるけど松村だけ五割ぐらいだね」って言われてて(笑)。レッスン終わってから一人残って、先生と居残りしてたんですけど、そのときは「松村早くなったね」ってめっちゃほめられたんです。

――成長の秘訣は何だと思いますか?

松村:その時は確かに早かったんですよ。でも別に何をしたわけでもないので、まぁ、経験かなと(笑)

高山:あはは(笑)

――では松村さんから見て、高山さんはいかがですか?

松村:最近改めて実感したことは、かずみん(高山)ってすごい人間だなと思っていて。

高山:うわ、また…なにそれ!

松村:本当に! 二面性というか…。普段はすごく親しみやすくてユーモアもあって、人間としてみんなが好きになるタイプじゃないですか。でもステージのときのかずみんって本当にすごくて。

高山:いやいやいや…(うつむいて首を振る)

松村:なんて表現していいのか分からないんですけど、オーラがあり過ぎる。キラキラもしてるんですけど、オーラがあるんですよ。

――まるでダイアナのように。

高山:それ本当に思ってます?(笑)

■ 握手会で「本当はどっちが好きなの?」って聞いちゃう(松村)

――ダイアナはいろいろなアイテムも備えていますよね。銃弾を弾くガントレットや最強の剣“ゴッドキラー”など。中でも縛られた相手が真実しか言えなくなる“真実の縄”はユニークですが、ご自身が使えるとしたら、どんな時に使いたいですか?

松村:握手会(笑)

高山:それやばいね(笑)

――握手会のどんなタイミングで使いますか?

松村:いや、でもこんなん言ったら怒られそう…! ほら、「ずっと単推しだよ」って言ってくれる方いるじゃないですか。でも、推し変する方もいるじゃないですか(笑)

高山:あ、あれあれ! 「一番好きです」って私の推しメンTシャツ着てくれてるんだけど、他のメンバーのTシャツ着て他のレーン行ってるのを見た時とか!

松村:あるあるある! 首に下げてるの、何て言うん? チケットホルダー?

高山:そうそう!

松村:Tシャツは私のだけど、チケットホルダーは別のメンバーのとかね。

――細かくチェックされてるんですね。

松村:見ますよー。そういう時に、縄で「本当はどっちが好きなの?」って聞いちゃう(笑)

――高山さんは“真実の縄”をいつ使いますか?

高山:私は、本当に悪いことに使っちゃうんですけど…例えば、本当に勝ちたいじゃんけんってあるじゃないですか。

一同:(爆笑)

松村:あるよね(笑)

高山:勝った人が何かもらえるとか。その時に「グー出す?」とか聞いて、縄巻いて「出す」って言ったら私パー出しますし、悪いように使っちゃいますね。

■ 新センターの二人は守ってあげたいって心から思いますね(高山)

――どんな悪用をするのかと思いましたが、ほのぼのとした話で安心しました(笑)。では最後に、ダイアナは世界を守るために戦いますが、メンバー内で“この子は守りたくなる”、という人を教えてください。

高山:私は桃ちゃん(大園桃子)。この前の「MUSIC STATION」(毎週金曜夜8.00、テレビ朝日系)で、桃ちゃんがカメリハの時に久しぶりに涙してたんですよ。陰で「はー…手を繋いでてください」って言われた時、私は「ずっとこの子の手をつかんでいたい!」って思って(笑)。なんて言うのかな、与田(祐希)ちゃんもですけど、あの新センターの二人は守ってあげたいって心から思いますね。

松村:私は圧倒的に星野みなみ。みなみちゃんの“かわいがられ力”は半端ないです。最近「みなみは大人になる」ってよく言うんですけど、ちょっとしたことをめっちゃ質問してきたりとか、私についてきてくれる感じが妹みたいで本当にかわいくて。

高山:もう大学生の年齢なんだよね? 見えないもんね。

松村:みなみは「ハタチになる」ってすごい言うの(笑)。「みなみハタチだからやめて」って言われるけどいつもよしよししちゃうんです。めっちゃかわいんです。

――お二人は守りたい派ですか?守られたい派ですか?

高山:それは守られたいですよー(口をとがらせて)

松村:それは守られたいですよー(まねして)

――「ワンダーウーマン」みたいにもし敵と戦闘になったら、メンバーの誰に守ってもらいたいですか?

高山:あー、そうなると私はやっぱり守る側になりますね。なんか申し訳なくなっちゃう(笑)。後ろに隠れてることが。自分より年下のメンバーに守られるってなると、私がやるって言ったほうが気持ち的にも楽だから、やっぱり守りたい側ですかね。

松村:私は(伊藤)純奈ちゃんに守られたい。純奈ちゃんっていつもしっかりしてて、よくライブのリハーサルとかで「松村さんはここですよ」とか教えてくれたりするんです(笑)。意外に抱き締めてくれたりするし、包容力があるというか。だから純奈ちゃんに守られるのもいいなって思いました。

高山:確かに純奈ちゃんなら守ってくれそう。

松村:でしょ? 人に優しいから。