米カリフォルニア州の国境警備隊員は26日、メキシコから米国へ不法移民するために使用されていたトンネルを発見し、中国人23人を含む30人のグループを逮捕した。資料写真。

写真拡大

2017年8月28日、米華字メディアの多維新聞によると、米カリフォルニア州の国境警備隊員は26日、メキシコから米国へ不法移民するために使用されていたトンネルを発見し、中国人23人を含む30人のグループを逮捕した。

27日付のフォックス・ニュースによると、内部にはしごのあるこのトンネルは、サンディエゴのオテイメサの国境付近で発見された。国境警備隊員は不法に越境した30人を逮捕した後に偶然、このトンネルを見つけたという。

米移民税関捜査局のスポークスマン、Virginia Kice氏は「地下トンネルは、カリフォルニアとメキシコの国境における新たな出来事ではない。犯罪組織が麻薬を密輸するために広く活用されている」とした上で、「人間の密輸のために使用された例も確認されている」と話した。

米国とメキシコの国境で中国人が逮捕されたことは新しい傾向を示すものだ。今年6月のサンディエゴ・ユニオン・トリビューンによると、サンディエゴに来る中国からの不法移民の数は近年急増している。(翻訳・編集/柳川)