東海道・山陽新幹線は、窓口並ばずチケットレス、専用クレジットカード不要で、ピッとやって乗車する時代に――。JR東海とJR西日本は、新幹線の新しいネット予約・チケットレス乗車サービス「スマートEX」を、9月30日からスタートさせます。

このスマートEXが、既存のエクスプレス予約と違うのは、専用のICカード不要で、大幅な割引などなく「駅窓口での発売額とほぼ同額」という点。ユーザーは、初回利用時に普段使うクレジットカードと交通ICカードの情報を登録するだけで、年会費無料で利用できるというかんたんさも持ち合わせています。

スマートEXに対応したクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners CLUB、J-WEST。交通ICカードは、Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種類。

料金例は、東京〜新大阪間の所定運賃・料金が1万4450円。スマートEX利用で1万4250円。一般のきっぷにある、乗車券・特急券が一体の東海道・山陽新幹線専用商品で「東京都区内」「大阪市内」などの「特定都区市内制度」は適用されません。

同サービスを利用する場合は、スマートEX公式ページでまず会員登録。メールアドレスを入力し、そのメアドに届いた「会員登録メール」のURLにアクセス。規約・特約内容の同意を経て、氏名・電話番号・生年月日・パスワード・クレジットカード・交通系ICカード・メールアドレスを入力。

さらに、クレジットカード番号と有効期限を入力、交通ICカード番号を入力などを入力し確認画面でチェック。登録を完了させると、スマートEXをすぐに利用可能。登録した交通ICカードを自動改札機にピッとかざすだけで、新幹線の乗降ができるほか、在来線との乗り換えも、交通ICカード1枚でできるようになります。