1991年・92年のタイトルを獲得

 1980年代後半から1990年代初頭にかけて、F1ブームと時を同じくするように、日本ではグループAレース、ドイツではDTM(ドイツツーリングカー選手権)といったハコ車のレースも圧倒的な人気を博していた。

 このDTMの黎明期を代表するマシンといえば、なんといってもメルセデスベンツ190E2.5-16 エボリューションII。1984年にはじまったDTMは、当初グループAレギュレーションでスタート。いまでこそF1で3年連続チャンピオンを獲得し、モータースポーツのイメージが鮮明なメルセデスベンツだが、1955年のル・マン24時間レースでの大クラッシュ事故以来、すべてのモータースポーツ活動から撤退。

 1980年代になってようやくレースにカムバックし、傑作車W201=190シリーズの登場に合わせ、DTMにも参戦。改造範囲の狭いグループA規定に合わせ、まずは190E2.3-16というホモロゲーションモデルを登場させる。ベース車のSOHC2.3リッターエンジン(135馬力)を、コスワースがチューンしたDOHC16バルブの175馬力にパワーアップ。グループAでは、外装は市販車のままいじれないルールだったので、190E2.3-16は純正でエアロパーツを装着。車高もローダウンされていて、ベース車とは別モノだった。

 1988年からDTMマシンの排気量が2.5リッターまでとなり、2.5リッター200馬力の190E 2.5-16が登場。これをベースに、500台限定のDTMのホモロゲートミートバージョン、190E2.5-16エボリューションIが1989年にデビュー。

 そして翌1990年、極めつけとも言える190E 2.5-16 エボリューションIIが満を持して登場。ベタベタの車高も、フロントリップスポイラーも、オーバーフェンダーも、なにより象徴ともいえる巨大なリヤウイングもすべて純正、ノーマル仕様!

 このエボリューションIIを得て、メルセデスベンツは、1991年、1992年のマニファクチャーズタイトルを獲得している。今では「エボリューション」といえば、三菱のランエボシリーズのイメージが強いかもしれないが、元祖エボリューションは、このメルセデスベンツ190E 2.5-16 エボリューション。

当時のDTMは元F1ドライバーも多数参戦するハイレベルなレース

 田宮模型がプラモデル化してくれたので、当時のレースファンのなかには、190E 2.5-16 エボリューションIIのプラモデルを作った人も多いはず。ライバルのアルファロメオ155V6Tiとともにカッコよさが際立っていたし、当時のDTMには元F1ドライバーのニコラ・ラリーニ、ベルント・シュナイダー、アレッサンドロ・ナニーニ、ヤン・マグヌッセンなどが参戦。またハコの名手クラウス・ルドヴィック、フランク・ビエラなど、一流ドライバーも揃っていて、クルマの魅力、ドライバーのテクニック、そしてレースでの接戦と魅力満載のカテゴリーだった。

 DTMは、1993年以降グループA規定から離れ、ハイテク解禁のトップカテゴリーに変貌していき、また別の盛り上がり方を見せてくれたのだが、その初期を彩った一台として、メルセデスベンツ190E 2.5-16 エボリューションIIのインパクトは、今でも強烈に残っている。

 ちなみにこちらの車両は群馬県にあるエムズバンテックで4500万円で販売している。興味のある方は問い合わせてほしい。

【画像ギャラリー】