アーセナルがFWチェンバレンの放出決断 チェルシー移籍でクラブ間合意

写真拡大

イングランド代表に帯同中のなか合宿場でメディカルチェックを予定

 アーセナルはイングランド代表FWアレックス・オックスレイド=チェンバレンをチェルシーに放出することでクラブ間合意に達したことが分かった。

 衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じていた。

 24歳のウインガーは今季限りで契約満了になるなか、アーセナルからの契約延長オファーを拒否。アーセン・ベンゲル監督は再三残留を明言していたが、前節リバプール戦での惨敗劇で覇気の見えないパフォーマンスから放出に踏み切った様子だ。

 記事によると、アーセナルはチェルシーとチェンバレンの移籍金で合意に達したと報じられている。現在イングランド代表に帯同中のチェンバレンは、セント・ジェームズ・パークでの代表合宿場でメディカルチェックを行う予定だという。

 チェンバレンは2010年にサウサンプトンからアーセナルに移籍。活躍を期待されたが、リーグ戦のゴールは昨季の2点が最多と不完全燃焼が続いていた。

 昨季のプレミア王者に移籍することが決定的になったチェンバレンは新天地でポテンシャルを発揮できるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images