画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JALと資生堂パーラーは9月1日からの秋メニューにて、2016年度に引き続き、コラボレーション機内食「資生堂パーラー for Resort」を提供。秋メニューでは、資生堂パーラーらしい"ご飯に合う洋食"として、「やわらかなビーフのブランケット 伝統のチキンライスを添えて」を、サイドディッシュにはお酒とも相性のよい「パテ・ド・カンパーニュ」を提供する。

2016年度の「資生堂パーラー for Resort」では、資生堂パーラーの人気メニュー「ビーフシチュー」や、資生堂パーラーの看板メニューである「チーズケーキ」のJAL機内食限定フレーバーとして"パイナップル"を提供。今回も、オリジナルフレーバーとして"リリコイ"(ハワイ語でパッションフルーツの意味)を展開し、ハワイの風を感じされる心地良い酸味デザートに仕上げた。

「資生堂パーラー for Resort」の提供期間は9月1日〜2018年8月31日。提供路線は成田発=ホノルル/コナ行きで、提供クラスはプレミアムエコノミークラス・エコノミークラス(1食目の食事)となる。

秋メニュー(9月〜11月)は、「やわらかなビーフのブランケット 伝統のチキンライスを添えて」「パテ・ド・カンパーニュ」「フレッシュサラダ」「資生堂パーラー チーズケーキ For Resort スペシャルフレーバー"リリコイ"」を提供する。冬メニュー(12月〜1月)では、「コク深いビーフの赤ワイン煮 マッシュポテトを添えて」「パテ・ド・カンパーニュ」「フレッシュサラダ」「資生堂パーラー チーズケーキ For Resort スペシャルフレーバー"リリコイ"」となる。

2018年春メニュー以降は、第1弾のコラボで登場した「ビーフシチュー資生堂パーラースタイル ターメリックライスを添えて」のほか、「懐かしのビーフのオングロワーズ バターライスを添えて」など、資生堂パーラーを代表するメニューの提供を予定している。