バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて、「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」の主人公機が「GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムゼロ(EW版)」として新デザインで登場しました。8月25日に予約が開始されるやいなや、あまりの人気ぶりで2018年2月発送分の受注はすでに終了。現在は2018年3月発送分の2次受注を受付中です。

↑8月28日15時より、第2次予約を受付中。価格は2万7000円

 

本機は「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」で主人公、ヒイロ・ユイが搭乗したウイングガンダムゼロ(EW版)を、オリジナルデザインも担当したカトキハジメ氏の監修により、全高約170mmの1/100スケールで立体化したもの。注目は、ただ立体化するだけでなく、映像では描かれなかったシールドやメッサーツバークをコミックや小説とリンクする装備で再現している点。さらには、2形態のネオバードモードやG.F.F.M.C.版オリジナルギミックとして解釈されたゼロモードを搭載するほか、文中でのみ語られたジーベンツバークも商品オリジナル形態として実現しています。

↑劇中には登場しなかったネオバード形態を再現可能。主翼を畳んだ大気圏外モードと主翼を展開した大気圏内モードの2種類が存在する

↑本体のほか、交換用手首左右各3種、ツインバスターライフル、ビーム・サーベル×2、ツバーク×6、シールド、各種ジョイント一式、専用ステージ一式などが付属する

 

2次受注(2018年3月発送分)は8月28日15時より開始されていますが、1次受注の人気ぶりをみるに、早期に終了する可能性もあります。公式サイトには、2次受注が終了した際は発送月を変えての3次受注を予定していると告知されていますが、早めに手に入れたい方はなるべく早くチェックしてみてください!

 

■製品の詳細はプレミアムバンダイ内の特設ページをご覧ください