FES☆TIVEが「@JAM EXPO 2017」に出演し、“お祭り系アイドル”にふさわしいステージを展開した

写真拡大

FES☆TIVEが8月26日、27日に神奈川・横浜アリーナで開催された「@JAM EXPO 2017」に出演。“お祭り系”をコンセプトにしている彼女たちにふさわしい、“夏”そして“お祭り”感満開のパフォーマンスを2日間にわたって展開した。

【写真を見る】ゆなぴこ、こっとんに後ろからイタズラ!?

FES☆TIVEの「@JAM EXPO 2017」は、26日の“キウイステージ”で開幕。「FES☆TIVEの『@JAM』1発目、盛り上がる準備はできますか? 楽しんでいくよー!」と声を上げ、7月にリリースした5thシングル「ゴートゥーフェス☆」でいきなりファンのテンションを上げていく。

MCでは、リーダー・汐咲玲亜が「夏らしい、FES☆TIVEらしいMVになっておりますので、ぜひそちらの方もチェックしてくれたら嬉しいなと思います」と「ゴートゥーフェス☆」についてコメント。「『FES☆TIVE、初めて見たよ』っていう方とも一緒に盛り上がっていきたいので、次の曲の一緒にやってほしいポイントを説明しようと思います」と続け、「ドンドコ祭リズム-燃え上がれタイコちゃん」のコールや振り付けを解説し、ファンと共に熱狂のステージを作り上げた。

ライブの人気曲「シダレヤナギ」で1ステージ目を終えたFES☆TIVEは、メインとなる“ストロベリーステージ”でのコラボ企画にも参加。その後、“パイナップルステージ”で1日目を終えた。

FES☆TIVEの2日目は、鈴木ことねが参加したコラボ企画、そして“ピーチステージ”からスタート。ここでは「シダレヤナギ」、その続編「ホムラノシズク」というファンにとって嬉し過ぎるステージを見せてくれた。

ラストの舞台“ブルーベリーステージ”は、大勢のファンが詰め掛ける中「マジカルパレード」でスタートからクライマックスに。さらに、「夏色とりどリボン」「ゴートゥーフェス☆」「トーキョードリームパレード」と畳み掛けて、曲中のメンバーによる煽りにファンも呼応。会場の盛り上がりは最高潮となり、FES☆TIVEの「@JAM EXPO 2017」はフィナーレを迎えた。

さまざまなアイドルフェスやイベント、5thシングルのリリースなど、'17年の夏を駆け抜けたFES☆TIVE。この後いくつかのイベントを経て、9月3日(日)には「FES☆TIVEワンマンライブ『Brand New FES☆TIVE-#BNF0903-』」(東京・赤坂BLITZ)に臨む。

なお、9月8日(金)には東京・TFMホールで「汐咲玲亜生誕祭」も行われる。