森本稀哲(もりもと・ひちょり)  1981年1月31日生まれ。東京都出身。小学1年生のときに、汎発性円形脱毛症で髪を失い、人の目を気にする少年時代を過ごす。そんなとき、友だちの誘いをきっかけに野球を始める。野球でよかったのは「帽子をかぶっていられるから」という思いがあるなか、いいプレーをすると周囲から認められ笑われなくなり、徐々に頭角を現す。  帝京高校の主将として第80回全国高校野球選手権大会に出場を果たし、1999年、ドラフト4位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)に入団。2006年から2008年まで3年連続ゴールデングラブ賞を受賞し、2007年、ベストナインに選ばれる。かつてはコンプレックスだった頭を使うコスプレパフォーマンスや粘り強いプレースタイルなどで話題を呼び、一躍人気者に。その後、2011年、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。2014年、埼玉西武ライオンズへテスト入団。2015年9月、17年間にわたるプロ野球人生を終え、現役を引退。  通算成績は、1272試合、3497打数904安打、33本塁打、521得点、267打点、106盗塁、打率.259。2006年、2007年はパ・リーグ最多得点。  現在、野球解説やコメンテーターとしてのテレビ・ラジオ出演のほか、大学での講義や講演活動も行っている。森本稀哲twitter @onifukksencho

写真拡大

森本稀哲氏の処女作『気にしない。どんな逆境にも負けない心を強くする習慣』では、少年時代から北海道日本ハムファイターズ、横浜DeNAベイスターズ、埼玉西武ライオンズで迎えた引退試合まで、40にも及ぶエピソードを収録。著者自身が抱えた問題から何を学び、どのように解決してきたのか――ポジティブになれる何かを必ず感じ取ってもらえるはずです! 読後、前向きになれるコンテンツを本書から紹介します。

一番苦しい時期をどう乗り越えるか

 いいときがあれば、悪いときもあるのが人生です。

 日本ハムが、リーグ2連覇を成し遂げた2007年を頂点に、僕の野球人生は下り坂の時期に入っていきます。

 2008年、梨田昌孝さんが日本ハムの新監督に就任しました。トレイ・ヒルマン前監督は、勢いの良さや元気さを大切にするタイプでしたが、梨田監督は、長打の打てる選手を積極的に起用するタイプです。現役時代は近鉄バファローズで長くプレーし、「いてまえ打線」を形成していたからか、バッティングではデカい当たりが好まれました。

 状況に応じた打ち分けを売りにしていた僕は、正直なところ長打は得意ではありませんでしたが、練習から監督に必要とされるようなバッティングを心がけていました。

 生意気だった若い頃は、監督やコーチに合わせてプレーするなんて考えられませんでした。

 レギュラーを獲り、2度の優勝を経験したことで、いつの間にか「レギュラーの座を守るためなら」と思うようになっていたんです。

 この年、僕は開幕スタメンで起用され、5月までは打率も上々でした。ところが、5月25日のセ・パ交流戦、読売ジャイアンツ戦でデッドボールを受けて、左手小指を骨折してしまいます。戦線に完全復帰できたのは、シーズンも終盤に差し掛かった8月下旬でした。

 そこから調子を上げることができず、ついに2009年の開幕スタメンからはずれることになりました。

 この年が日本ハムにいたときで、一番苦しい時期でした。センターのポジションはいつしか奪われ、結果的にレフトにコンバートされたのです。

 かなり落ち込みましたが、当時の僕はこう思っていました。

「ここで腐らないようにしよう。ダメなところを見せて、チームに悪影響を及ぼす選手にだけはなりたくない」

 それは、かつてのこんな出来事が影響しています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)