今年に入り相次いで新発売された、大手各社のじか塗りデオドラント Photo by Masataka Tsuchimoto

写真拡大

 8月に入って関東、東北を中心に冷夏になったとはいえ、汗ばむ季節となった春以降、臭い対策を兼ねたボディーケアの男性化粧品が活況だ。

 男性化粧品大手のマンダムによると、市場規模は4〜7月で、前年比8.2%増の110億円。梅雨が明けた7月に限れば、前年比16.1%増の42億円と激増した。

 中でも売れ筋は、脇に直接塗る「じか塗りデオドラント」で4〜7月に前年比なんと52.7%増(7月は56.1%増)。他には、ボディーシャンプー7.6%増(同10.7%増)、ボディーペーパー5.1%増(同19.9%増)、デオドラントスプレー3.7%減(同6.5%増)などとなった。

激戦の男性デオドラント

 男性化粧品の市場規模は近年、1150億円前後(マンダム算出)で横ばいが続く。その中にあって、ボディーケアは、スタイリング剤、スカルプケア、フェースケアが一進一退を続けるのを横目に、年数パーセントずつ市場拡大している“優等生”だ。今春も資生堂、花王、ロート製薬、マンダムが新商品のじか塗りデオドラントを相次いで販売開始するなど、手に汗握る激戦となっている。

 売り上げ増の背景には体臭などで不快な思いをさせる行為「スメルハラスメント(スメハラ)」に対する関心の高まりがある。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)