同じ容量でもスタミナは段違い…モバイルバッテリー18台中ダントツの1位は?

写真拡大 (全43枚)

スマホの高性能化に伴いバッテリーの消費量も激しさを増したいま。現代人の必携アイテムとなっているのがモバイルバッテリーです。買う前に確認しておきたいチェックポイントと、オススメのモバイルバッテリーをランキング形式で紹介していきます。


ロス率だけでなく
急速充電が大切なポイント


今回は編集部の端末において実際にバッテリーの放電と充電のテストを実施しました。

モバイルバッテリーの商品情報でまず目につくのが充電容量。これはモバイルバッテリーに搭載されるセルがどれだけの電力を蓄えておけるかを表す数値ですが、実際にそこまで充電できることはまずありません。

スペック値と異なる実充電容量になってしまうのは、主に充電時におけるスマホの電圧との違いによる電力のロスが原因で、このロス率が低い製品を選ぶことが賢いモバイルバッテリー選びとなります。

また今回はもう一つ大きな判断基準として、充電時間にも着目。満充電までの時間と、バッテリーがもっとも「長生き」するとされる80%までの充電時間を計測しました。実際に通勤・通学で使用するにあたって、咄嗟の充電時間の差は大きいと考えたからです。これに加えて出入力端子の種類や数も考慮し、オススメランキングを作成しました。


長い充電時間のイライラは
急速充電ですっきり解決!


通常充電の遅さにイライラしているなら急速充電に対応したモバイルバッテリーを選ぶのがオススメ。下の図のように、圧倒的に通常充電と比べてスピードアップします。



テスト環境
スマホ:Xperia ZX(docomo)
モバイルバッテリー:PowerCore Speed 20000 QC(Anker)


急速充電するには、充電規格に対応したモバイルバッテリーを選ぶのが鉄則です。中でも昨年登場したQC3.0はXperiaの新モデルに搭載されるなど、今後も増えていく見込みです。下位互換があり、QX2.0や1.0でも急速充電できるのが強みです。



[1位]全18台で圧倒的な効率の良さ!
さすが絶対王者アンカーの力です



Anker
PowerCore Speed 10000 QC
実勢価格:3340円
バッテリー容量:10000mAh 質量:204g
PowerIQ対応/QC3.0対応



今回テストしたモバイルバッテリーにおいて飛びぬけたロス率の低さを記録。これだけでベストバイに相応しいですが、さらにモバイルバッテリーの新基準である急速充電でも高得点でした。



10000mAhという十分な大容量ながら、コンパクトなサイズ感も優秀。迷ったらコレを選んでおけば間違いありません。



スペックでの容量と実際に測った容量の差はもっとも小さく、一番正直なモバイルバッテリーといえます。


[2位]USB Type-C端子で
パソコンも充電できるRAVPower



RAVPower
RP-PB043
実勢価格:4999円
バッテリー容量:20100mAh 質量:456g
QC3.0対応/iSmart2.0対応/TYPE-C対応



RAVPower社製品の中では唯一、Quick Charge3.0に対応する20000mAhオーバーモデル。ロス率が49%とやや高いものの、実容量で10000mAhを超えるため、スマホの充電のみ行うなら十分。何と言ってもUSB Type-Cポートを標準搭載しているため、対応機器との接続もスムーズに行えるのが特徴です。



複数台同時に充電できるため、複数人で使う場合やタブレットユーザーでも大丈夫



USB Type-Cポートを搭載しているモデル。対応機器との接続もスムーズ


[3位]20000mAhアンカーも充電が速くて大容量
ロス率とのバランスも優秀です



Anker
PowerCore Speed20000 QC
実勢価格:5110円
バッテリー容量:20000mAh 質量:396g
PowerIQ対応/QC3.0対応



ベストバイに選ばれたPowerCore Speed 10000 QCの容量を倍増させたモデル。ロス率が10000mAhモデルと比べると高いものの、それでも12000mAh以上の実容量を持つため不満ありません。Quick Chargeはもちろん、通常充電の時間も比較的短いため、バランスのとれた製品と言えます。


[4位]持ち運びやすい
中容量モデル



RAVPower
RP-PB060 6700mAh
実勢価格:1699円
バッテリー容量:6700mAh 質量:113g
iSmart2.0対応



小型軽量で持ち運びやすい中容量モデル。ロス率も低いため充電効率も◎。満充電までにやや時間が掛かります。


[5位]最大3Aまで出力
バランスがグッド



Anker
PowerCore 13000
実勢価格:3340円
バッテリー容量:13000mAh 質量:240g
PowerIQ対応



満充電までの時間も比較的短く、ロス率の少ないバランスの良さが際立っています。最大3Aまで出力が可能です。


[6位]シンプルに使い
こなせる一品



Anker
PowerCore 10000
実勢価格:2560円
バッテリー容量:10000mAh 質量:180g
PowerIQ対応



厚みはあるものの、名刺とほぼ同じサイズで10000mAhの容量を持っています。USBポートはひとつのみですが、シンプルに使いこなせる一品。


[7位]2ポート合計で
4.4Aまで出力可能



ELECOM
DE-M01L-10444 series
実勢価格:4350円
バッテリー容量:10400mAh 質量:230g



接続した機器を認識し、最大2.4Aの急速充電に対応。2ポート合計で4.4Aまで出力できます。


[8位]Macなども
高速充電できます



RAVPower
RP-PB059 20100mAh
実勢価格:1万6599円
バッテリー容量:20100mAh 質量:456g
TYPE-C対応/iSmart2.0対応



USB Type-Cポートを含め3つのUSBポートを搭載しています。PD(パワーデリバリー)対応しているので、Macなども高速充電可能です。


[9位]ロスの大きさが
やや目立ちます



Anker
PowerCore 20000
実勢価格:4890円
バッテリー容量:20000mAh 質量:383g
PowerIQ対応



満充電までの時間が短い点は評価できるものの、他製品と比べると公称容量の大きさに対し、ロスの大きさがやや目立ちます。


[10位]業界トップクラスの
2ポート同時充電



Anker
PowerCore 20100
実勢価格:3599円
バッテリー容量:20100mAh 質量:356g
PowerIQ対応



ロス率の高さは気になりますが、業界トップクラスの2ポート同時充電で4.8A出力を実現しています。


[11位]かろうじてロス率
50%を下回る結果に



バッファロー

実勢価格:6450円
バッテリー容量:10050mAh 質量:140g



ロス率もさることながら、満充電までに要する時間がやや長いのもネック。


[12位]端子や充電規格は
充実していますが…



RAVPower
RP-PB058 26800mAh
実勢価格:6999円
バッテリー容量:26800mAh 質量:456g
iSmart2.0対応/TYPE-C対応



ロス率や充電にかかる時間がいまひとつ。


[13位]公称容量の
50%以上をロスしました…



バッファロー
BSMPB6701P1シリーズ
実勢価格:2460円
バッテリー容量:6700mAh 質量:193g



公称容量の50%以上をロスする上、元の容量が小さいため、大容量のスマホ充電には厳しいものがあります。


小容量モバイルバッテリーも
間に合わせなら十分使えます


最後に小容量のモバイルバッテリーのランキングも紹介します。そのコンパクトさが最大のメリットで、間に合わせとして利用するのに最適なアイテムとなっています。



OKITI
モバイルバッテリー5000mAh
実勢価格:999円




厚さ2.2mmでポケットに入れても違和感のないサイズ。持ち運びの煩わしさは一切ありません。



充電用ケーブルやLightningコネクタも内蔵。USBポート2つ搭載で同時充電も行えます。

その他、計4台をテストした結果は以下の通り。こちらもぜひ参考にしてみてください。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。