【詳細】他の写真はこちら

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのボーカル、今市隆二と登坂広臣が8月26日発売の『月刊EXILE 10月号』に登場。Ryuji Imaichi & Hiroomi Tosakaとして初の表紙を飾った。

同誌では、それぞれが歩み交わる場所へと向かい、お互いを待ち、再び出会うふたりを表現した“太陽と月、赤と青―必ず対となって存在するふたつの集合体”フォトストーリーを掲載。

さらに、ソロでの活動や9月からスタートするドームツアー『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2017 “UNKNOWN METROPOLIZ”』について、グループを代表してふたりが語ったインタビューなど、22ページにわたり特集している。

今市は最近のソロでの活動について、インタビュー内で「2年ぶりに『J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017』に出演させていただきました。2年前の『J-WAVE LIVE』は自分が初めてソロでやらせていただいたステージでしたし、そこで自分の夢をひとつかなえることができたので、また声をかけていただけたことがうれしかったです」と喜びを口にした。

一方、7月27日にHIROOMI TOSAKA名義で「WASTED LOVE」を配信リリースした登坂は「実は2年くらい前からソロプロジェクトは動き出していて、長い時間をかけて準備を重ねてきました。ひとりのアーティストとして、ひとつのスタートが切れたということを、皆さんに正式に発表することができてうれしかったです」と活動を振り返った。

さらに、昨年開催された『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2016 “METROPOLIZ”』の続編となる“UNKNOWN METROPOLIZ”については「三代目 J Soul Brothersのさらなる進化を提示するツアーになると思います」と意気込みを語っている。

そのほか、“ダンスでアースをハッピーに”というテーマを掲げ、2015年にEXILE USA、EXILE TETSUYA、Dream Shizukaの3人によって結成されたユニット、DANCE EARTH PARTYの特集も。

※「EXILE USA」の「U」はウムラウト付きが正式表記

DANCE EARTH PARTYは、今年1月に1stアルバム『I』をリリースし、今夏は、全国各地で行われているフェスやイベントに参加するなど活動の幅を広げている。そんな彼らは、昨年に引き続き、自らが主催するイベント『DANCE EARTH FESTIVAL 2017』を10月14日・15日に千葉・幕張海浜公園にて開催することを先日発表。そして、同イベントをさらに盛り上げるべく、制作されたニューシングル「POPCORN」が8月30日に発売される。

本誌では、今作の制作秘話や10月のイベントについて3人にインタビューを敢行。さらに、ミュージックビデオの裏側を撮影したオフショット集を多数公開している。

また、PKCZ(R)が出演した世界最大のダンスミュージックフェス『Tomorrowland』の模様やインタビュー、EXILE AKIRAの今年上半期を総括した「TO THE WORLD PROJECT」など、EXILE TRIBEの活動を中心に充実した内容になっている。

書籍情報



2017.08.26 ON SALE

『月刊EXILE 10月号』

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE

http://www.jsoulb.jp/

DANCE EARTH PARTY OFFICIAL WEBSITE

http://avex.jp/dep/