川島永嗣【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は28日、ロシアW杯アジア最終予選・オーストラリア代表戦に向けて練習を行った。

 ハリルジャパンの守護神として今回も期待される川島永嗣は、オーストラリアについてこう語る。

「アジアカップの時からチームを作ってきて、完成度だったりやろうとしていることはコンフェデも含めてかなり自信を持って臨んでくると思う。相手のフィジカル的な強さもそうだし、ビルドアップも含めて相手がやりたいようにやらせるんじゃなくて、自分たち自身もどれだけそれを抑え込んでいけるかっていうのも重要なポイントになってくる」

 恐らく、今回も難しい試合になるだろう。川島も「過去を振り返って、やはり自分たちも苦しめられてきている相手というのは間違いない」と警戒する。それでも、大事なのは『今』だと強調する。

「どれだけ現実的にこの1試合の中で、過去の結果に関係なく臨んでいけるかが一番自分たちにとっては重要なこと」

 勝利だけが求められる今シリーズ。オーストラリア戦でW杯出場権を掴み取るためにも、川島は大車輪の働きを見せる構えだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部