王者ユーヴェ、KOからたった「17秒」で失点…ジェノア戦で一体何が

写真拡大

前人未到の7連覇に向け、新シーズンをスタートさせたユヴェントス。

しかし、先週末に行われたセリエAの第2節では「まさか」な形から失点を喫してしまった。

ジェノアのホームに乗り込んだ試合、試合はキックオフからすぐに動く。

ゴラン・パンデフがドリブルで仕掛けドリブルで右サイドを駆け抜けると、そこからクロス。

ボールは中で待っていたFWアンドレイ・ガラビノフには通らなかったが、これがミラレム・ピャニッチに当たってオウンゴールに…。なんとキックオフからわずか17秒で失点してしまったのだ。

さらにユヴェントスは直後の7分にも失点し、10分以内に2点のビハインドを負う。

しかし、流石は「絶対王者」である。前半のうちに同点に追いつくと、後半にさらに2ゴールをあげ、最終的には2-4で逆転勝利。連勝をスタートを飾り、インターナショナルブレイクに突入している。