28日、韓国と中国の大気中の微小粒子状物質PM2.5の中に含まれている細菌の83%が類似しているという研究結果が発表された。写真はソウル市内。

写真拡大

2017年8月28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国と中国の大気中の微小粒子状物質PM2.5の中に含まれている細菌の83%が類似しているという研究結果が発表された。一方、韓国と日本の類似性は73%とやや低かった。

ソウル大学校保健大学院の研究チームが28日明らかにしたもので、研究結果は、英科学誌サイエンティフィック・リポーツ最新号に発表された。

研究チームが1年かけて、ソウル大学、中国の北京大学、長崎大学の建物の屋上でそれぞれ、PM2.5を採取し、ソウル大学で総括的に細菌DNAを抽出し塩基配列を分析したところ、北京とソウルの浮遊細菌の多様性は、それぞれ長崎の2倍、1.5倍の水準であることが分かった。

3都市のPM2.5から検出された浮遊微生物はプロテオバクテリア、フィルミクテス門、放線菌が全体の67.3%を占めた。これらの細菌はすべて、人体から発見された種だ。

細菌種の類似性は、ソウルと北京が83%、ソウルと長崎が73%を記録した。季節的には冬と春に類似性が高く、夏に最も低かった。

研究チームは、このような類似性が、冬と春にシベリア地域から吹く北西風に起因するものと分析している。冬場に中国大陸から吹く強い風が比較的豊富な細菌を含んでいる上、冬場の低湿度により地表面が乾燥することで細菌が空気中に浮かび上がるという。

研究チームのキム・ホ教授は「東アジアの3都市のPM2.5に混じっている細菌の多様性と類似性を確認したことに意味がある」とした一方で、「気象学的な観点からは、細菌には移動性があり、中国の細菌が韓国と日本に飛来したと断定するのは難しく、今後の研究が必要だ」としている。(翻訳・編集/柳川)