都市連動型シェアシャトルバス」が27日、河北省唐山市に登場した。

写真拡大

「都市連動型シェアシャトルバス」が27日、河北省唐山市に登場した。

同シェアシャトルバスは、新エネルギー車を採用しており、オンライン予約により、ユーザーのニーズに沿ったバスと路線を割り当てる仕様となっている。「都市連動型シェアシャトルバス」は、まず、唐山市と天津市の2都市でテスト運行を行い、その後、北京市・天津市・河北省の広い範囲で展開していく計画だ。新華社が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集TK)