「脚を細くしたい」と思ったとき、太ももやふくらはぎのサイズダウンを意識する方は多いでしょう。ですが、実は美脚には“足首の細さ”が大事だということをご存じですか? そう、足首がキュッと締まっていると、それだけで脚が細くなったような印象を与えることができるのです。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、“足首をキュッと引き締める簡単ポーズ”を紹介したいと思います。

足首が細い方が痩せて見える!

脚全体がほっそりしていても、足首にメリハリがない方・足首が太めな方は少なくありません。そして、足首が太ければせっかくの細い脚も美しくは見えません。一般的に“美脚の黄金比”と言われているのが“太もも5:ふくらはぎ3:足首2”というバランス。この数字からも、足首はキュッと締まっていることが望ましいことがわかりますよね。

しかしながら、足首は日常生活で意識して動かすことが少ないパーツ。脂肪が落ちにくかったり、むくみやすくもあります。そこで次に、足首をキュッと細くするヨガのポーズを紹介します。

「やしの木のポーズ」〜かかとの上げ下げをする

まずは、自宅ではもちろん外出先でもできるポーズを紹介します。ヨガの“やしの木のポーズ”は、つま先立ちになって両手を左右に広げ、バランスを取るポーズ。足の指先をパッと開いてかかとを高く持ち上げることで、足首にしっかりと効いてきます。

【やしの木のポーズ・プロセス】

(1)床に直立の姿勢になる

(2)息を吸いながらつま先立ちになり、同時に両手を真上に伸ばす

(3)息を吐きながら腕を肩の高さまで下ろし、鼻呼吸を5回繰り返す

(4)息を吐きながら手足を下ろして(1)の姿勢に戻る

さらに足首に効かせたい方は、(3)のときにかかとの上げ下げを繰り返してもよいでしょう。

「ガス抜きのポーズ」〜足上げをする

続いては、自宅でできるポーズ。床に仰向けになり、胸を引き寄せた“ガス抜きのポーズ”から片足ずつ上げて、末端の血流・老廃物などの滞りを改善。むくみの解消に効果を発揮するポーズです。

【ガス抜きのポーズ〜足上げ・プロセス】

(1)床に仰向けになる

(2)息を吸いながら両ひざを曲げ胸の前に引き寄せて、両手で抱える

(3)息を吐きながら右脚を天井に向けて伸ばし両手はもも裏、かかとグッと押し出すようにする。左脚は床に下ろす。ここで鼻呼吸を5回

※ 伸ばすのがつらい方は、右ひざを軽く曲げる。

(4)(2)に姿勢に戻り、反対側も同様に行う

余裕がある方は、天井に伸ばしている側の足首で円を書くようにくるくる動かすと足首痩せの効果が高まります。

足首を引き締めてメリハリさえつければ美脚はもう手に入れたも同然。ヨガでキュッと引き締めて、脚美人を目指しましょう!