ベンゼマ近距離シュートミス… ジダン監督が崩れ落ち、両手で芝生殴打の姿が話題に

写真拡大

レアルは第2節バレンシア戦2-2ドロー 後半43分のチャンスでベンゼマが決めきれず

 レアル・マドリードは現地時間27日に行われたリーガ・エスパニョーラ第2節バレンシア戦で2-2のドローに終わり、今季ホーム初戦を勝利で飾ることはできなかった。

 この試合で元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決定機を逃した瞬間、ジネディーヌ・ジダン監督が見せたリアクションが大きな話題となっている。

 レアルはこの試合、ブレーク中のスペイン代表MFマルコ・アセンシオが先制ゴールを決めるが、その後は2失点。1-2とビハインドのなかでアセンシオが後半37分に同点弾を叩き込んで2-2に追い上げた。

 そして後半43分、ベンゼマに千載一遇のビッグチャンスが訪れる。ゴール前でフリーになったベンゼマのもとへとボールがこぼれ、決勝弾になるかと思われた。しかし、無情にも近距離からのシュートはゴール左へと逸れた。

 ベンゼマはこの日、数多くのチャンスを決めきれず、試合終盤に極めつけのシュートミスとなってしまった。その経緯もあったからか、それまで拍手を送るなど鼓舞していたジダン監督も、最後の決定機にはテクニカルエリアで思わず崩れ落ち、悔しそうに芝生を両手で叩いたシーンが中継画面に抜かれてしまったのだ。

ジダン監督「笑顔で彼を迎え入れる」と擁護

 スペイン紙「マルカ」によると、試合後にジダン監督は「我々はフィニッシュで決めきれなかった。明らかに7、8回の決定機があって、そこで得点しきれなかった。それが試合を分けた」と悔やんでいる。ただそれと同時に、ブーイングを浴びせられたベンゼマへの擁護も口にしている。

「笑顔で彼を迎え入れるよ。『働き続けてくれ』と伝える。ゴールこそ奪えなかったけど多くの仕事をこなしているし、チャンスを逃してしまった責任を全てかぶせることはできない」

 ジダン監督は「最も難しいのはチャンスでゴールすることだからね」とも口にしている。傷心のベンゼマは国際Aマッチウィークの期間中に気持ちを切り替えて、最前線で再び安定したプレーを見せられるか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】fuboTV‏が公式ツイッターに投稿、ベンゼマがシュートミスの瞬間、芝生殴打で悔しがるジダン監督

https://twitter.com/fuboTV/status/901927603287851015

fuboTV‏が公式ツイッターに投稿、ベンゼマがシュートミスの瞬間、芝生殴打で悔しがるジダン監督