バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長【写真:Getty Images】

写真拡大

 待望の大型補強を実現させたバルセロナだが、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長に対するサポーターからの不満は収まっていない様子だ。28日付のスペイン紙『アス』が伝えた。

 バルサはボルシア・ドルトムントに所属していたフランス代表FWウスマン・デンベレの獲得が合意に達したことを発表。現地時間28日には、本拠地カンプ・ノウでの入団発表が行われている。

 だが観客席に集まったサポーターは、この機会を利用して改めて会長への不満を表現した。デンベレがピッチに姿を表わすのを待つサポーターの間からは、「バルトメウ、辞任!」と会長退陣を求めるチャントが響き渡っていた。

 FWネイマールをパリ・サンジェルマンに引き抜かれたことや、宿敵レアル・マドリーとのタイトル争いで劣勢が続いていること、期待通りの補強が進まないことなどから、バルトメウ会長に対するファンの不満は強まり、盛んに辞職を求める声が上がっていた。デンベレを獲得しても状況は変わらないようだ。

text by 編集部