僕のお姫様は”君”なんだね……!男性に「運命の人だ!」と思われる方法4つ

写真拡大

好きな男性に「運命の人だ!」と思わせたいですよね。
お互いが運命の相手だと思うことは、女性の憧れでもあります。

しかし、そんなロマンチックな出会いはなかなか現実では起こりませんよね。
だったら作ってしまえばいいのです。

男性に「運命の人だ!」と思わせる方法を紹介していきます。

●(1)とにかく共感して共通点を増やす

『話を聞いていく内に同じところが多いと、運命を感じちゃいますね』(31歳/広告)

共通点を増やす為には、まず男性の好きなものに興味を持つことです。
彼の好きなものを知り、それについて少し勉強しておきましょう。
共通点を多い人に運命の相手だと感じることが多いのです。
それが偶然であると、もっと運命だと感じます。

出身地や誕生日、部活など、共通点を探しましょう。
それから、好きな食べ物やアーティストなどを彼が話す時に、共感すると良いでしょう。
同じものを好きという共通の話題が生まれ、特別感が増す のです。

●(2)増やした共通点を大げさに強調する

『何回も繰り返し言われると、確かに共通点多いよなぁ……とドキドキする』(27歳/営業)

小さな共通点でも、強調することによって、運命と感じるようになります。
少し大げさに強調しても大丈夫です。
共通点が偶然あって、テンションが上がったふうに見せればいいのです。

「好きなものが一緒のことが多いね」などと言うと、彼も「そういえばそうだな」と思ってくるのです。
また彼が好きなものを先回り して、自分の興味として話すのもオススメです。
偶然の一致のように感じて、彼はあなたを「運命の人だ!」と思うのです。

●(3)「初めて」アピールを頑張る

『初めて!と言われるのが快感。色んな初めてを奪いたい』(25歳/飲食)

男性は、自分が女性にとって初めての男性になることを喜びます。
彼女にとって自分が特別な人のように感じるのです。
そう思うことによって、彼女にとって自分が「運命の人だ!」と思うのです。

初めて行ったところや、初めて体験したことは言葉で「初めて」だと彼に伝えます。
例えば、「これ初めて食べる」や「ココに来るのは初めて」だったり、小さなことでも、「初めて」を使うと特別感 が増します。
初めての場面に出会わない時は、「こんなに楽しいのは初めて」と伝えましょう。

●(4)自分が彼を「運命の人」だと信じる

『運命の人って真剣な顔で言われたら否が応でもドキドキする』(26歳/企画)

自分が疑ってしまうと、「運命の人」ではなくなってしまいます。
まずは、彼が「運命の人」だと信じることが大切です。
自分が信じないと、彼にも信じてもらえません。

彼が「運命の人」だと思い込むことが大事です。

----------

運命を演出するには、共通点と偶然です。
特に偶然は運命と結びつけやすいですよね。
しかし偶然何度も会うなどは、現実では起こりにくい……。

だからこそ、小さな共通点を偶然のように演出するのです。
しかもリサーチすれば簡単にできるので楽チン。
運命を演出して、本当の運命の相手になれたらステキですね。

(文/恋愛jp編集部)