女子会でリアルなカップル事情を聞くと、「別れた方がイイってわかってるけど、別れられない」と答える人は、わりと多い気がします。

たしかに、周囲は別れろと口を揃える。けれど、自分は彼がダメなところばかりじゃないこともよく知ってる。だからこそ、別れを切り出せない。一緒にいる理由は、「情」や「寂しさ」と言われてしまうかもしれないけれど。

そんな選択について、今まで80以上の恋愛コラムを書いて、女性から支持されている作家のKimmy Foskettさんは、こう語っています。

ずっとラブラブでいることは、本当に難しい。付き合っていれば、日々色んな問題が起きるよね。それが愛を深めるものなら理想的だけど、惰性の"ズルズル関係"にさせてしまうコトもよくある。「本当はもう無理なんだろうな……」なんて答えが、静かに出てしまったあかつきには、何も知らず純粋に楽しかった頃には、もう戻れない。

厳しい言葉かもしれないけれど、それがリアルなの。別れを切り出すことも怖いけれど、彼を失ったあとの生活を考えるともっと恐ろしい。寂しさに飲み込まれる夜、彼との習慣が突然なくなること、心の拠り所がなくなること。誰だって同じよ。

考えるのをやめて、逃げることはできる。だけどタイムリミットがあることは、自分が1番わかってるはず。以下の5つに、心当たりはない?

01.
些細なことでのケンカが多い

会うたびにケンカをしたり、相手の気分によってすぐに八つ当たりされる関係は、もっとも破局に近い関係だと言える。その度に話し合って、解決する体力がある?

どんな揉め事も1日で解決しろというわけではないけれど、それが定期的に起こったり、長く続く場合は「なんのためにこんな時間を過ごしているのか?」を考えることが大事。これからも一緒にいるため?違うなら、なんのため?

若いあなたの貴重な時間を、頻繁に起こるケンカのせいでブルーにしてしまうのは本当にもったいない。

02.
一緒にいてもあまり楽しくない

一緒にいる時に、楽しくなかったり、幸せを感じなかったら注意してね。デートが終わって寂しさを感じた時に、やっぱり好きだって思うかもしれない。だけど、「一緒にいる時に思ったこと」がリアル。それを忘れないで。

ふたりの関係性が変われば、感情も変わる。当時は楽しいと思っていたのに、思わなくなることもあるでしょう。変わったのは笑いのツボ?それとも愛情?

前は彼氏のために休みをつくったり、仕事を早く終わらせることが喜びだったけど、今はどう?悲しく感じるかもしれないけれど、それはお互いに成長して、離れていってるという意味かもしれない。

03.
彼を優先しすぎて友達が減った

これは、恋人に依存しすぎて苦しくなるパターン。親友は、どんな関係よりも大切よ。彼の友達関係を狭めようとしたり、逆に彼があなたの親友をよく思っていない関係は、絶対にいつか上手くいかなくなる。「恋人がいれば何もいらない」と思い込んでいる時は、何かがよくない証拠。

"求められているから"じゃなくて、あなた自身の幸せを考えて、周りの人を大切にしてね。

04.
「SEXしなくてもいいや」と思う

関係が良好だったとしても、それが恋愛感情ではなく良き理解者、友達としての感覚が強くなると、こう思ってしまうことがある。付き合いたてはもちろん燃え上がっていたと思うけれど、女の子は特にSEXに感情が影響するから、好きという気持ちが薄れると、触れ合いたいとはあまり思わなくなってしまうの。

でも、恋人関係においてSEXは本当に重要なこと。触れ合いたいという欲求が、愛情を膨れ上がらせるのだから。

彼は今も変わらずにあなたに触れてくれる?そしてあなたは、それを嬉しいと思ってる?

05.
他の男性が魅力的に見える

恋人がいる時も、異性の友達と遊ぶことは普通にある。特にそれが昔からの付き合いなら、やましいことがあるわけじゃないし。

だけど、恋愛関係や体の関係をもつ遊びにばかり興味がわくのは、彼との関係が上手くいってない証拠。マッチングアプリを使って、新しい出会いを求めたり、体目当てだとわかっている男性に近づいても心は満たされないはず。本当はどうするべきなのかをよく考えて。

一緒にいても気持ちは曇っていくばかりなのに、思い出や情があるからといって離れられない気持ちもわかる。でもその時間はいったい、誰の幸せをつくってくれる?

独り身になっても、世界は終わったりしない。寂しい夜が来ても、絶対に一生続くわけじゃない。はやく乗り越えたぶんだけ、若さが味方してくれるんだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily