モナコのトマ・レマル【写真:Getty Images】

写真拡大

 モナコに所属するフランス代表MFトマ・レマルに対し、リバプールが巨額のオファーを提示したとみられている。英メディア『スカイ・スポーツ』が28日付で伝えた。

 同メディアによれば、リバプールが21歳のMF獲得に向けて提示した金額は5550万ポンド(約78億円)とのこと。今年6月にはFWモハメド・サラーを3900万ポンド(約55億円)相当額で獲得して移籍金のクラブ史上最高額を更新したが、それをさらに大きく上回る金額となる。

 モナコはこのオファーに対し、まだ返答をしていないとみられている。他の選手らの動向も含め、チームの状況を見極めた上で返答したいという考えのようだ。

 レマルに対しては、アーセナルが特に獲得に向けて熱心に動いていると報じられていたが、先月には3000万ポンド(約42億円)のオファーをモナコに断られたという。バルセロナからの関心も噂されていた。

 レマルとモナコとの契約は3年間残されている。FWキリアン・ムバッペのパリ・サンジェルマン移籍が濃厚とも伝えられるだけに、モナコはこれ以上の主力放出を望まないかもしれないが、移籍市場の最後に動きはあるのだろうか。

text by 編集部