一度も同居したことがない夫婦とその息子(画像は『Mirror 2017年8月18日付「Meet the married couple who got together 16 years ago but have never lived under the same roof」(Image: Caters News Agency)』のスクリーンショット)

写真拡大

どんな夫婦もその生活スタイルはそれぞれだ。英ウェスト・ヨークシャー州に住むある夫婦は、交際してから子供を授かりその後結婚、トータル16年の間に一度も同居したことがないというユニークな夫婦生活を築いている。『Mirror』『Caters Real Life』など複数メディアが伝えた。

ウェスト・ヨークシャー州ブラッドフォードに暮らすデイヴィッド・バークさん(43歳)は消防士の訓練生だった16年前、同州の消防署に内勤として働いていたクレアさん(49歳)に出会った。

クレアさんにはすでに2回の離婚歴があり、子供が3人いた。デイヴィッドさんも前妻とは17歳の時に結婚したため、独身生活というものを経験したことがなかった。そんな2人が出会って意気投合し交際するようになったのだが、これまでに一度も一緒に暮らしたことはないという。

クレアさんとデイヴィッドさんは他のカップル同様、一緒にテレビを見て寛いだりワインを飲んで楽しく過ごしたりする。しかし寝る時間になると、デイヴィッドさんは車で10分ほどの距離にある自宅へと戻っていく。夫婦が夜をともに過ごしたのは16年間で数えるほどだとクレアさんは話す。

「同居して結婚生活を送るというスタイルは私たちには合ってないんです。互いに一人のベッドで寝ることに慣れているし、今の生活はお互いに独立心を保ち夫婦関係がより強くなる感じがします。これまで同居の話も出ましたが、結局実現しませんでした。でも別居していると、早く会いたくなるし会った時にドキドキして新鮮な気持ちを保ち続けることができるんです。」

2人は7年前にジェイ君という男児をもうけた。ダウン症で生まれてきたジェイ君のことを思ったクレアさんは「やっぱり両親が同じ家に揃っていた方がいいのでは」と悩んだが、デイヴィッドさんと別居という形を取り続けても子育てには何の影響もないことを知った。

ジェイ君の将来を考慮し、消防士というリスクが大きい仕事をしているデイヴィッドさんと家族になった方がいいと思ったクレアさんは、4年前にデイヴィッドさんと結婚し正式に夫婦となった。しかしもちろん別居のままだ。結婚式当日は一夜を同じベッドで過ごしたようだが、暑かったし疲れていたことと2人のいびきが大きすぎることもあって、あまりいい思い出とはならなかったようだ。

1度目の結婚は5年、2度目の結婚は10年続いたクレアさんは、3度目のこの結婚で自由な夫婦関係をとても楽しんでいるという。ベッド以外に経済面も別々にしているこの夫婦は16年間でほんの数回喧嘩をしただけだそうだ。「夜は一緒に寝ないけれど、そのぶん昼間の時間を楽しんでいます。同居しないことに対しての後悔はなく、むしろこのスタイルが夫婦の絆を強くするベストな方法だと思っています。デイヴィッドは私のソウルメイトなんです」とクレアさんは語る。

またデイヴィッドさんも「同居していないから結婚生活への余計なプレッシャーや摩擦が一切ないんです。他の既婚者みたいに、職場で妻の愚痴をこぼしたこともありません。束縛も妥協も強いられないこの結婚スタイルを私も気に入っています。長い間一緒にいても互いに自分を変える必要がない関係をうまく保っているから、16年前に出会った時の気持ちのまま、彼女を愛することができるのです」と話している。

ちょっぴり変わった結婚生活をハッピーに過ごしているクレアさんとデイヴィッドさんのニュースを知った人たちからは「2人が幸せでそういうスタイルが合っているなら誰も批判することではないし、いいんじゃないかな」「人間って伴侶を求めるけど、自分のスペースも欲しがるものだからね。このカップルと彼らの子供が幸せであればいいと思う」「なるほど。こんな夫婦のスタイルって理想的かも」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2017年8月18日付「Meet the married couple who got together 16 years ago but have never lived under the same roof」(Image: Caters News Agency)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)